全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

花や四神 美麗なお守り 新たに3種類頒布 浦幌神社

新しいデザインのお守りを紹介する背古宮司

 浦幌神社(背古宗敬宮司、東山町18)は、元日から新しいお守り「誕生福守(ふくまもり)」と「四神御守(おまもり)」、「干支(えと)バイクステッカー御守」の3種類の頒布している。

 新たに頒布しているお守りは、全国各地の神社のお守りをデザインしている、アーティストのサイトウパピコさん(青森県在住)が手掛けた。背古宮司が知人の紹介でサイトウパピコさんに3種類のお守りのデザインを依頼した。

 誕生日を迎える人の幸福を祈願した「誕生福守」(初穂料600円)は、花言葉が「無償の愛」「永遠の想い」などの母子草(ハハコグサ)の花があしらわれている。誕生月に参拝した人には、誕生日を確認できるものを提示するとプレゼントする。

 上質な和紙を使った「四神御守」は、青龍(せいりょう)と朱雀(すじゃく)、白虎(びゃっこ)、玄武(げんぶ)の4体があり、人生が開花するようボタンやスイレンなどの花が添えられている。カードサイズとLサイズ(御朱印用)があり、初穂料はそれぞれ1体700円、4体セットで2000円。Lサイズの額入りは1体2500円、4体セットが8000円。

 安全で快適なツーリングを見守る「干支バイクステッカー御守」(初穂料600円)は、バイクと今年の干支「丑(うし)」が描かれている。限定200体。来年以降もその年の干支にちなんだステッカー御守を制作する予定。

 背古宮司は「生まれてきた原点に返りいろいろなご縁に感謝し、心を強くコロナに負けず前を向いて一歩を踏み出してほしい」と話している。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク