全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代市機織地区、住民200人で一斉除排雪

人海戦術で除排雪作業に汗を流す住民ら(能代市機織地区で)

 7日から8日にかけて暴風雪が猛威を振るった能代山本地方。9日も時折雪が降り、街では住民が除排雪作業に追われた。能代市の機織地区自治会連合会(佐藤喜美男会長)は住民ら約200人が参加し、市道(旧国道7号)で人海戦術による除雪作業を行い、安全確保に汗を流した。

 同地区を東西に貫く市道は幅が狭く、雪が多くなると除雪車が寄せた雪などで歩道が埋まり、通学する児童生徒や住民が車道の歩行を余儀なくされる。そのため30年ほど前から、小中学校の冬休みが終わる直前に地域ぐるみで除排雪作業に取り組んでいる。
 一昨年、昨年は少雪で中止したため、3年ぶりの活動になった。7自治会の約550世帯に協力を求めた一方、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため例年行っている第五小、能代東中への参加呼び掛けは自粛したが、住民ら約200人が参加した。市からグレーダ、ロータリー車などを借りたほか、独自で2㌧トラック4台を用意した。
 実施箇所は、同市機織轌ノ目の機織神明社前からJR五能線悪戸踏切まで約1㌔区間の両側の歩道。7日から8日にかけて猛威を振るった暴風雪の影響で、路上は雪で真っ白だった。
 作業は午前8時40分ごろに開始。スコップやスノープッシャーなどを手にした参加者は、歩道の雪をスコップで砕くなどしながら車道に寄せた。除雪車が雪を巻き上げて2㌧トラックに次々と載せ、雪捨て場の東能代中跡地に運んだ。
 作業後は道幅が広くなり、住民は安堵(あんど)の表情を浮かべた。黙々と作業していた女性(40)は「猛烈な雪の後のタイミングで、近所の皆さんと協力して除雪できた」と話した。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク