全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

除雪追い付かず「車で出勤できない !!」鶴岡市街地積雪1メートル

 庄内地方は冬型の気圧配置の影響で8日夜から9日にかけて大雪となり、山形地方気象台は9日未明に庄内南部、庄内北部に相次いで大雪警報を発表した。酒田では9日午前10時までの24時間降雪量が40センチと1月としては観測史上1位となり、記録的な大雪となった。酒田市は9日午前、市豪雪対策本部を設置した。鶴岡市の観測では同日午前8時半現在、鶴岡公園の積雪が94センチに上り24時間の降雪量が58センチに上った。鶴岡市街地を中心に市道の除雪が追い付かない状況となり、9日朝は「車で出勤できない」など同市除雪対策本部に電話が殺到し、市民生活に大きな影響が出た。

 鶴岡市の9日朝の積雪は鶴岡公園のほか、羽黒庁舎前106センチ、大網242センチ、温海川224センチなど。山形地方気象台によると、同日午前11時現在の積雪が酒田56センチ(12時間降雪量39センチ)、櫛引105センチ(同22センチ)、狩川85センチ(同19センチ)。平年の4―6倍の大雪となっている。

 鶴岡市の市道除雪は9日午前1時ごろからフル稼働。市除雪対策本部には午前中を中心に市民から除雪車の稼働状況を尋ねる電話が相次いだ。同本部の担当者は「路線確保を優先して除雪対応しているが、雪の降り方が尋常でなく、数時間後には再度除雪が必要な状況で追い付かない。理解をお願いしている」と話した。

「尋常でない大雪」で鶴岡市街地では積雪量が1㍍ほどに達し、除雪が追い付かず市民生活に影響が出た=9日午前9時20分ごろ、同市馬場町

 この大雪でJR羽越本線は特急いなほを含め9日の始発から終日運転を取りやめ、庄内空港の庄内―羽田線も同日、全便欠航した。

 10日も冬型の気圧配置が続き、庄内は西の風がやや強く雪で吹雪模様の予報となっている。

関連記事

長野日報社

世界最大規模品評会のIWC 上位8点に上伊那2銘柄

 小野酒造店(辰野町小野、小野能正社長)の「夜明け前純米大吟醸」、米澤酒造(中川村大草、塚越寛社長)の「純米大吟醸年輪」が、英国で昨年開かれた酒類品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ...

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

北羽新報社

「俳星」創刊号見つかる 能代発祥、明治33年発行

 明治、大正、昭和、平成と能代市を拠点に発行され全国有数の歴史を誇る俳誌「俳星」。現存はしないとされていた創刊の1号から3号が、市立能代図書館の書庫で見つかった。昨秋、寄贈資料を確認したところ、...

長野日報社

諏訪湖所々で解氷 プラス気温今季初測定

 諏訪湖の御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市)の宮坂清宮司(70)らは23日朝、同市豊田の舟渡川河口近くで今季初のプラス気温を測定した。5日以降、湖面の観察を毎日続けている...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク