全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東三河でナスカーレースを

「東三河でレースのできる場所を探しています」。呼びかける尾形さん(左)と早川さん=東愛知新聞社で

 アメリカ国民を熱狂させる自動車レース「ナスカー(NASCAR)」のドライバーで、障害を持つ子どもらのため獲得賞金など活用する財団も営む尾形明紀さん(44)=ノースカロライナ州=が13日、レースシーズンオフに伴い東愛知新聞社を訪問。自動車関連企業が集積し、世界屈指の自動車貿易港もある東三河で、いつか「レースイベントを開きたい」と抱負を語った。  「モンスターマシン40台が、平均時速300キロ以上で接近バトルしながら走る。多重クラッシュも続出し、ゴールにたどり着くこと自体が難しい」と、ナスカーのだいご味を語る尾形さん。神奈川県相模原市生まれ。14歳でモトクロスバイクを始め、国内ミジェットカーレースを経て、2003年にナスカー初参戦。10年に妻子とともにノースカロライナへ移住し、キャンピングワールドトラックシリーズ(最高峰シリーズの1つ)など、唯一の日本人レーサーとして参戦を続けている。  今回豊橋を訪れた目的は、尾形さんのスポンサーである自動車部品メーカー「アスモ」(本社・湖西市)を表敬するほか、米国移住時にお世話になったという、イベント会社「東雲座カンパニー」(豊橋市柱三番町)の企画営業・早川好久さんと再会すること。  早川さんが尾形さんと知り合ったのは、ロサンゼルスで広告代理店を営んでいた09年。単にナスカーのレースだけでなく、「恵まれない子どもたちの力になりたい」という尾形さんの心意気に打たれ、さまざまな支援を続けた。実際尾形さんは、獲得賞金の1割、関連グッズ売り上げの全額を財団「アキノリ・オガタ・ファウンデーション」へ拠出。11年の東日本大震災では、イベントなどを通じて8000ドルを集め、アトランタ日本領事館経由で被災地へ送っている。  「日本人としてナスカーに歴史を残したい。同時に、ヨーロッパ型のF1レースにはないナスカーの魅力を伝え、“自分もアメリカへ行きたい”という若い人が出てくれればうれしい」と話す尾形さん。大きな夢をかなえる一助として、レースイベント開催に賛同でき、東三河の企業や篤志家を歓迎する。問い合わせは早川さん(070・5332・3486)まで。

関連記事

北羽新報社

三種町の特産PR 3年ぶり世界じゅんさい摘み採り選手権 小舟操り収量競う

 三種町の特産・ジュンサイの魅力を発信する「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」が26日、開催された。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、昨年と一昨年は中止しており、3年ぶりの実施。県内各地からの参...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

2年ぶり感謝の熱演 長野県中川村で人形浄瑠璃公演

 長野県中川村の中川人形保存会と村公民館は19日、第9回「中川人形浄瑠璃定期公演」を中川文化センターで開いた。演目は「三番叟」と「傾城阿波鳴門~順礼歌の段」を上演。会場に集まった約70人の観客を前...

北羽新報社

藤里町で3年ぶり「ブナの森マラソン」 白神山地の麓で健脚競う

 藤里町内の森林基幹道米代線(米代フォレストライン)を走る「第9回ブナの森マラソン」は19日行われ、県内外のランナー223人が緑深まる世界自然遺産白神山地の麓で健脚を競った。新型コロナウイルスの影響で3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク