全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

塩蔵山菜が需要期、能代山本の直売所にぎわす

塩蔵山菜が豊富に並んでいるグリーンぴあ


 能代山本で、塩漬けしていた山菜が需要期を迎えている。産地直売所では、塩抜きしたエニョ(エゾニュウ)やワラビ、フキなどがこの時期の看板商品の一つとして豊富に並び、消費者の関心を集めている。三種町では郷土食「きゃのこ汁」(「けだて」などとも言う)の材料として活用されており、産直会員が冷たい水に耐えながら塩抜きするなど、手間と愛情を込めながら販売している。

 山菜の宝庫で、豊富な種類が採れる能代山本地域。昔から冬場の食材として使おうと、春に採った山菜や秋のキノコを塩漬けして保存しておく知恵が残っている。産直の店頭では、冬場を中心に塩抜きした山菜が看板商品の一つとして並ぶようになる。
 三種町鹿渡のグリーンぴあではベテラン会員の女性5、6人が塩蔵山菜を販売しており、年末から品ぞろえが豊富になった。現在は塩抜き済みのフキやエニョ、ワラビなどが棚いっぱいに並んでいる。各山菜を切って混ぜ合わせた「山菜ミックス」もある。
 同店によると、塩蔵山菜は油炒めや煮付けはもちろんだが、琴丘地域では郷土食「きゃのこ汁」の材料に使われる。妻や母親など女性たちが体を休ませられるよう大量に作っておいて小正月に食べる料理。煮干しや昆布でだしを取った後、塩抜きした山菜やジャガイモなどを入れて火にかけ、具材が軟らかくなったら味噌(みそ)を加えて完成させる。
 塩蔵山菜を販売している会員の1人、国柄ミヨ子さん(71)=鹿渡=は、夫婦で春に山菜を採り、すぐに塩漬け。大小10個のたるにフキやエニョ、ミズが保存されている。30歳を過ぎた頃から塩漬けを続けており、変色しないようたるの上の方にフキの皮をかぶせるなど、ベテランならではの“技”を発揮している。
 冷たい水に耐えながらの塩抜きや皮むきは大変というものの、「冬に出せる野菜が少ないし、売れ行きもいいから」と慣れた手つきで作業。塩蔵山菜のお薦めの料理法は煮付けだが「今の時期はきゃのこ汁」とし、「若い人は食べなくなったが、味を覚えている人は食べたくなるはず」と話した。
 同店は新型コロナウイルスの感染予防のため毎年恒例の「きゃのこ汁まつり」の開催を見送ったものの、塩蔵山菜は冬場の人気商品とし、「昔ながらの味をおうちで楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク