全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

穂別で2例目の恐竜化石、30年前に採取 北大・小林教授「新種の可能性高く」

記者会見で発表された化石標本。新種の可能性が期待されている

 むかわ町と北大総合博物館の小林快次教授が6日、同町内で記者会見し、約30年前に穂別地区で採取された化石が恐竜のものと発表した。2003年に発掘されたハドロサウルス科の植物食恐竜「カムイサウルスジャポニクス」(通称むかわ竜)とは異なる肉食種とみられ、小林教授は「新しい恐竜の可能性が高い。むかわ竜にも匹敵する発見」と期待感をにじませている。

 道の駅「四季の館」で開かれた会見には、小林教授のほか、竹中喜之町長、穂別博物館の関係者が出席。小林教授は新たに見つかった化石について「町内では2例目の発見になる」などと述べた。

 穂別博物館の説明によると、1990年ごろに同町内の化石収集家、堀田良幸さんが旧穂別町の河川でノジュールという岩のような塊を採取し、2002年に寄贈を受けた。昨年6月からクリーニング作業を始めたところ、化石とみられる部位があったため小林教授に調査を依頼していた。

 小林教授は、骨盤が鳥に似ている「鳥盤類」に大分類されるむかわ竜に対し、調査中の化石は骨盤がワニやトカゲなど爬虫(はちゅう)類に似た「竜盤類」と説明。その中で二足歩行をする「獣脚類」の肉食恐竜であると推定している。九州地方では多く発見されているが、道内では上川管内中川町と芦別市に次ぐ3例目で「(鳥盤類と竜盤類の)両方の化石が発掘されたのは道内でむかわ町が初めて」と強調した。

 これまでの調査では、肋骨(ろっこつ)と後ろ脚、骨盤などが取り出されており、むかわ竜が生息した7200万年以前の時代をさらにさかのぼって、恐竜が栄えていた白亜紀後期(約7200万~1億年)のものと分析している。

 小林教授は「獣脚類の中でも鳥に近い。恐竜から鳥類に進化していく過程を示すものとしては、重要な化石になるのではないか」としており、今後さらに詳しく調査研究を進める考え。

 竹中町長は「胆振東部地震から2年4カ月。新たなまちづくり計画の策定を進めており、この化石標本がむかわルネッサンス的なものになれば」と話している。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク