全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「氷の世界」観光資源に SNSで掘り起こし 十勝観光連盟

十勝の冬の新たな観光資源の掘り起こしを目指すプロジェクトのポスター

 十勝の冬の観光資源を掘り起こそうと、十勝観光連盟(十観連、梶原雅仁会長)は「クリスタルランドTOKACHI」プロジェクトを立ち上げた。昨年12月から「氷」にまつわる景色などをSNS(インターネット交流サイト)上で投稿してもらうキャンペーンを行っている。ジュエリーアイス(豊頃町)などに続く冬の名物を見つけ、観光客に選ばれる目的地として魅力向上を目指す。

 十勝は道内でも晴天の日が多く、積雪量が少ないほか、気温が低い。十観連では「雪よりも氷」が十勝ならではの魅力になり得るのではと考え、プロジェクトを始動。道観光振興機構の今年度の「地域の魅力を活(い)かした観光地づくり推進事業」に採択されており、補助金も活用する。

 プロジェクトの第1弾として、SNS上で氷にまつわる景色を2月14日までに投稿してもらうキャンペーンを実施中。インスタグラム、ツイッター、フェイスブックのいずれかで「#クリスタルランドtokachi」と付けて発信してもらい、十観連の職員が投稿の中から優れた19個を選び、十勝管内19市町村それぞれの特産品の詰め合わせを景品として贈る。

 すでに、車のフロントガラスに広がる霜を幻想的な氷の世界に見立てた投稿などが集まっている。

 十観連は「ジュエリーアイス(大津海岸に打ち上がる氷塊)も、名前が付くまでは一部の人の間でしか知られない存在だった。そんな十勝に眠る氷の世界を皆さんから募りたい」としている。同プロジェクトは専用ホームページを立ち上げるほか、2月にはアマチュアカメラマンが十勝の氷の世界を切り取るツアーなども予定している。

 問い合わせは十観連(0155・22・1370)へ。

関連記事

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

「美と健康」の旅PR

愛知県図書館で「メザメ奥三河展」  奥三河観光協議会は、名古屋市中区の県図書館で「okumikawAwake/メザメ奥三河展」を開いている。新城市の奥三河蒸留所で製造されるハッカエッセン...

長野日報社

初詣や初滑りで初尽くし 長野県茅野市の車山高原

長野県茅野市の車山高原で1日早朝、初日の出に合わせたリフトの特別運行があった。県内外の家族連れやカップル、スキーヤーらが2本のリフトを乗り継ぎ、標高1925メートルの車山山頂へ。あいにくの天候...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク