全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「氷の世界」観光資源に SNSで掘り起こし 十勝観光連盟

十勝の冬の新たな観光資源の掘り起こしを目指すプロジェクトのポスター

 十勝の冬の観光資源を掘り起こそうと、十勝観光連盟(十観連、梶原雅仁会長)は「クリスタルランドTOKACHI」プロジェクトを立ち上げた。昨年12月から「氷」にまつわる景色などをSNS(インターネット交流サイト)上で投稿してもらうキャンペーンを行っている。ジュエリーアイス(豊頃町)などに続く冬の名物を見つけ、観光客に選ばれる目的地として魅力向上を目指す。

 十勝は道内でも晴天の日が多く、積雪量が少ないほか、気温が低い。十観連では「雪よりも氷」が十勝ならではの魅力になり得るのではと考え、プロジェクトを始動。道観光振興機構の今年度の「地域の魅力を活(い)かした観光地づくり推進事業」に採択されており、補助金も活用する。

 プロジェクトの第1弾として、SNS上で氷にまつわる景色を2月14日までに投稿してもらうキャンペーンを実施中。インスタグラム、ツイッター、フェイスブックのいずれかで「#クリスタルランドtokachi」と付けて発信してもらい、十観連の職員が投稿の中から優れた19個を選び、十勝管内19市町村それぞれの特産品の詰め合わせを景品として贈る。

 すでに、車のフロントガラスに広がる霜を幻想的な氷の世界に見立てた投稿などが集まっている。

 十観連は「ジュエリーアイス(大津海岸に打ち上がる氷塊)も、名前が付くまでは一部の人の間でしか知られない存在だった。そんな十勝に眠る氷の世界を皆さんから募りたい」としている。同プロジェクトは専用ホームページを立ち上げるほか、2月にはアマチュアカメラマンが十勝の氷の世界を切り取るツアーなども予定している。

 問い合わせは十観連(0155・22・1370)へ。

関連記事

台湾で豊橋PR

 2016年から豊橋市と観光交流を続けている台湾台南市で、両市市民の相互理解を深めようと、「豊橋市観光展」が開かれている。7月3日まで。  両市は16年から交流をはじめ、18年には両市長の...

荘内日報社

来年夏の酒田花火ショー「2尺玉」全国競技大会に 今年はプレ大会転換広くP..

 酒田市の最上川河川公園を会場に毎年8月第1土曜夜に開催している「酒田花火ショー」に関し、来年から全国各地の花火師による「2尺玉」(20号玉)を使った全国で唯一の競技大会に転換する。昨年は新型コロナウイ...

荘内日報社

国内初「ナデシコクラゲ」 深海1100メートルのポリプから育てる 加茂水族館

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)で、国内で初となる「ナデシコクラゲ」(仮称)が展示されている。岩手県沖の水深約1100メートルの深海の空き缶から見つかったポリプ(クラゲを生み出す固着性の形態)から...

荘内日報社

鶴岡公園の桜満開!!
穏やかな日続き一気に花びら広げる

 鶴岡公園の桜(ソメイヨシノ)が満開を迎えた。 「日本さくら名所100選」の同公園にはソメイヨシノを中心に約730本の桜がある。今年は昨年より2日、平均より11日早い今月1日に開花。日曜日の4日は時折、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク