全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

身が締まり、味に太鼓判 苫小牧沖の冬ホッキ漁最盛期

ホッキ貝を漁船から港へ荷降ろしする漁業者=13日午前5時40分ごろ、苫小牧漁港

 苫小牧沖の冬ホッキ漁が最盛期に入った。今シーズンの漁は1日に始まり、来年4月までの期間に最大20隻が操業に当たる。ホッキ貝の水揚げ量日本一を誇る苫小牧の漁港は早朝から活気付いている。

 13日は苫小牧漁協ホッキ桁引き網部会所属の漁船13隻が午前3時ごろから次々と出漁し、計3・32トンを水揚げした。

 この日の漁を終えて港に戻った「大勢丸」の大島秀樹船長(52)は「冬はしけで漁に出れない日も少なくないが、冬ホッキはお客さんに喜ばれる」と笑顔。「照宝丸」の山田照由船長(55)は「冷たい海水で身が引き締まっているから、うまいよ」と味に太鼓判を押した。色や大きさで仕分けされたホッキ貝は水産市場に並び、午前9時半からの入札で1キロ当たり489~765円の価格が付いた。

 漁協などによると、13日までの漁獲量(7日間操業)は累計20・78トンに。今シーズンの漁獲枠は412トンに設定している。

 ホッキ漁は5、6月の禁漁を除き、7月から11月を夏期、12月から翌年4月までを冬期として漁を行う。冬ホッキの昨シーズン(2016年12月~17年4月)漁獲量は323トン、漁獲高は前年より約1248万円増の約1億5819万円だった。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク