全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代工バスケ部 伝統継承へゲーム白熱

4月に学校統合を控える能代工高バスケットボール部が始動

 能代工高バスケットボール部のボール始めが3日、同校体育館で行われた。この春に能代西高と統合し、能代科学技術高が開校することから、現校名でのボール始めは最後。現役の1、2年生は3年生の胸を借りてゲームを展開し、全国制覇58回を誇る能代工の伝統を引き継いでいくことを誓った。
 ボール始めは例年、各地からOBが集い、現役部員とゲームをするが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から部員のみで実施。昨年12月23日に全国高校バスケ選手権大会(ウインターカップ)の1回戦で敗れて以来の全体練習となった。
 1、2年生対3年生のゲームは、3年生が高さを生かすなどして終始リード。最終第4クオーター(Q)は現役部員が25─13と追い上げたが、3年生が70─61で勝利し意地を見せた。
 ゲームでは、ルーズボールを懸命に奪いにいく姿勢や、相手にプレッシャーをかけるディフェンスなど、能代工らしさが随所に見られ、伝統の継承が感じられた。
 前主将の中山玄己君(3年)は「昨年12月のウインターカップでは1回戦で敗れ、悔しい思いをした。後輩たちには同じ思いをしてほしくない。これからも能代工らしい走るバスケ、泥臭いバスケを展開してもらいたい。全国の舞台では勝ちへの強い執着心が必要」とエールを送った。
 また、高橋裕心君(2年)は「新チームはサイズが小さいため、コートをよく走るようにして対戦相手と差をつけていきたい。これからの1年間で技術とともにメンタル面をさらに鍛えていきたい」と抱負を語った。
 バスケ部は新型コロナ感染防止対策として練習の見学を当面の間、中止している。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク