全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

オレノココロ復活V ばんえい帯広記念

鮮やかに差し切り帯広記念を制したオレノココロと鈴木恵介騎手

 ばんえい十勝は2日、ばんえい記念に次ぐ高重量戦の「第43回帯広記念」(BG1)を行い、単勝1番人気のオレノココロ(牡11歳、槻舘重人調教師、鈴木恵介騎手、生産者は士幌町の六車實子さん、馬主は滝川市の大森勝廣さん)が第2障害後に前4頭を抜き去る鮮やかな差し切り勝ちで、帯広記念4勝目を挙げ、自身の持つばんえい重賞勝利記録を25に更新した。タイムは2分50秒9(馬場水分1.2%)。2着は5番人気のメジロゴーリキ(牡7歳、松井浩文調教師、西謙一騎手)だった。

 道中は(2)ミノルシャープ、(1)コウシュハウンカイが先行するも高重量戦とあって全体的にゆったりとしたペースで各馬は大きな差が無く進み、(4)キタノユウジロウ、(6)オレノココロも先頭に並びかけて第2障害に到着した。

 第2障害は(4)、(6)、(2)、(1)の順で仕掛けると各馬が刻みながら登る中、(1)が一気にクリア、5番手から仕掛けた(8)メジロゴーリキ、(4)、(2)、(6)と続き、10馬身ほどのリードをつくった(1)を4頭で猛追。最後はゴール線上で停止した(1)を2番手に上がってきた(6)が差し切った。(1)は(8)、(4)にもかわされ4着となった。

 11歳と高齢で夏場は「ばんえいグランプリ」(BG2)を回避するなど体調を崩し、今季のこれまでの古馬重賞ではライバルのコウシュハウンカイ(牡11歳)、若いミノルシャープ、メジロゴーリキ(ともに牡7歳)の後塵(こうじん)を拝してきたオレノココロが高重量線で本領を発揮し、昨年3月の「ばんえい記念」(BG1)以来となる今季初重賞勝利を飾った。

◆鈴木騎手「最高の展開だった」

10カ月ぶりの重賞勝利で、自身の持つ重賞勝利記録を25に伸ばしたオレノココロ(馬の右が槻舘重人調教師)

 雪の無い日が続いた影響による乾いた重い馬場、トップハンデから10キロ軽い重量も味方に付けた。今レースでは、いつもより早めに調教でも手綱を取ってきた鈴木騎手は「ゆったりとした最高の展開だった。今季は悔しい思いをしてきたのでBG1を取れてほっとしている」と胸をなで下ろし、槻舘調教師も「2、3着が続いていたのでうれしい」と笑顔を見せた。

 復活の重賞勝利で、ばんえい記念の大本命に再び踊り出た。槻舘調教師は「これを弾みに大一番に向かいたい」、鈴木騎手は「ばんえい記念の連覇を目指してコンディションを整えたい」と4度目となる最高峰レースの勝利へ自信を見せていた。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク