全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シマエナガが絵馬に 牛柄のお守りも 帯廣神社

新たに頒布する絵馬(右)とお守り(左)をPRする帯廣神社の佐々木さん

 帯廣神社(帯広市東3南2、大野清徳宮司)は、1月4日から新しい絵馬とお守りの頒布を始める。シマエナガと牛をモチーフにした、同神社や十勝らしさにあふれたアイテムとなっている。

 同神社のおみくじなどでも話題になった、シマエナガをモチーフにした「シロエナガ絵馬」(初穂料500円)。丸い形にシマエナガのデザインがあしらわれている。シマエナガの顔は自分で描いたり、付属のステッカーを貼ったりして完成させる。

 来年のえとで、十勝を象徴する牛をモチーフにした「道中安全守」(同1000円)は、世界地図のような乳牛の模様を模した見た目が特徴的だ。「道中安全ステッカー守」(同500円)は、牛の耳に個体識別のために付ける耳標を模した。

 同神社権禰宜(ごんねぎ)の佐々木昌和さんは、絵馬について「鳥たちの先頭を切って行くシマエナガのように、目標に向かって進んでいただければ」、お守りについては「牛のようにゆったりと、すてきな旅を楽しんでもらえたら」と話している。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク