全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「年越しそば」でよい年を【釧路】

年越し用のそばを準備する伊藤社長(30日午前7時50分ごろ)

 一年の最後を締めくくる「年越しそば」を食べようと釧路、根室管内のそば店には31日、年間で最も多くの客が訪れる。忙しい一日を前に、各店は準備に汗を流している。

 このうち緑色の麺で有名な釧路市内の竹老園東家総本店(伊藤純司社長)では、31日は持ち帰り用も合わせると通常より4、5倍ほど多く売れるという。当日は午前4時ごろから準備を始めて約1500食を用意する。

 30日は午前7時ごろから伊藤社長をはじめ3人がこの日提供するそば打ちを行った。そば粉と水を混ぜ力強くこねて生地を作り、機械で延ばして麺の形に切断。約500食を用意した。夜には31日用のそばも少量作った。

 伊藤社長は「今年はコロナ禍で大変な一年だった。店は北海道の緊急事態宣言後から閉店時間を2時間早めた営業を今でも続けている。来年がよい一年となるよう縁起物でもある、年越しそばをぜひ食してほしい」と話している。

 同店は31日、通常通り午前11時から午後4時(座敷席は同2時30分)まで営業。新年は3日午前11時から開始する。        

関連記事

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク