全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「年越しそば」でよい年を【釧路】

年越し用のそばを準備する伊藤社長(30日午前7時50分ごろ)

 一年の最後を締めくくる「年越しそば」を食べようと釧路、根室管内のそば店には31日、年間で最も多くの客が訪れる。忙しい一日を前に、各店は準備に汗を流している。

 このうち緑色の麺で有名な釧路市内の竹老園東家総本店(伊藤純司社長)では、31日は持ち帰り用も合わせると通常より4、5倍ほど多く売れるという。当日は午前4時ごろから準備を始めて約1500食を用意する。

 30日は午前7時ごろから伊藤社長をはじめ3人がこの日提供するそば打ちを行った。そば粉と水を混ぜ力強くこねて生地を作り、機械で延ばして麺の形に切断。約500食を用意した。夜には31日用のそばも少量作った。

 伊藤社長は「今年はコロナ禍で大変な一年だった。店は北海道の緊急事態宣言後から閉店時間を2時間早めた営業を今でも続けている。来年がよい一年となるよう縁起物でもある、年越しそばをぜひ食してほしい」と話している。

 同店は31日、通常通り午前11時から午後4時(座敷席は同2時30分)まで営業。新年は3日午前11時から開始する。        

関連記事

知事 離島訪問前にPCR検査を 感染予防に協力呼び掛け

 【那覇】新型コロナウイルスの拡大に伴う県独自の緊急事態宣言が終了して1週間余が経過した8日、玉城デニー知事は県庁で会見し、離島への帰省や訪問などを検討している人への事前のPCR検査受検や、健康観...

長野日報社

長野県諏訪市「御宿割」好調 観光地に再び笑顔

長野県諏訪市内の宿泊施設で県民の宿泊予約が急増し、接客担当者に笑顔が戻っている。観光関係者によると、県民の宿泊料金を最大5000円割り引く県の「県民宿泊割」と、1泊2000円割り引く諏訪市の「...

紀伊民報社

林野火災に備え合同訓練

 春の全国火災予防運動に合わせて、上富田町消防団と田辺市消防本部上富田分署は7日、和歌山県上富田町朝来で林野火災の合同訓練をした。池から水を引き、ポンプをつないで山林に放水した。  町消防団の第...

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー  鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク