全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ふるさと上伊那で就職を 長野県伊那市でシゴトフェス

仕切り版を設置したブースで、フェースシールド越しに企業の担当者から話を聞く学生ら

 上伊那出身の学生らと地元企業をつなぐイベント「かみいなシゴトフェス」(上伊那8市町村の産学官で組織する郷土愛プロジェクト主催)は29日、伊那市狐島のJA上伊那本所で開いた。若者人材の確保に向け、企業を知ってもらい、U・Iターン就職を増やそうと、年末の帰省に合わせて実施した。4回目の今年は、新型コロナウイルスの影響で昨年より125人少ない65人が参加。感染症対策を講じた会場で各社の説明を聞き、就職活動の参考にした。

 感染予防策として、今月20日までに県外から帰省した学生らを対象とした。密集を避けるため、来場者を入れ替えながら3回に分けて行った。会場では参加者全員にフェースシールドや筆記用具、ビニール手袋が配られた。

 飛沫感染を防ぐための仕切り板を設置したブースを並べ、44社が出展した。自社の製品を紹介したり、映像を使ったりして仕事や職場を説明。学生はブースを自由に回りながら積極的に質問をし、興味のある企業への理解を深めた。

 東京家政学院大学3年生(21)=伊那市出身=は、今年2月から帰省してオンライン授業を受けているとし、「感染症が心配なので地元に勤めたい。企業の人と話すことで選択肢の幅が広がり、気持ちも楽になった」。東京の専門学校2年生(20)=駒ケ根市出身=は「就活が長引き、いつ終わるのかと不安。生まれ育ったふるさとで働き、生活したい」と話した。

 出展企業の人事担当者によると、コロナ禍で学生とじかに接する機会が減っており、県外からのインターンシップ受け入れも難しい状況だという。製造業では「企業、学生ともに厳しい年だが、技術者を育てるためにも、若い人材を入れていきたい」。福祉業では「感染症対策に追われ、人手が足りない。生の言葉でやりがいを伝え、興味を持ってもらえたら」と期待していた。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク