全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田の史跡「旧鐙屋」を救おう!! 大規模修復へGCFに協力を

 耐震補強と併せて大規模な修復工事のため今年10月から休館している酒田市中町一丁目の国指定史跡「旧鐙屋(あぶみや)」。市は現在、屋根の修繕など事業費に充当しようと、ふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディング(GCF)を展開している。目標金額は100万円。

 鐙屋は江戸初期の1608年、山形藩主・最上義光から屋号を与えられ、寛永年間(1624―44年)には酒田町年寄役となり、酒田三十六人衆の筆頭にも数えられた。その繁栄ぶりは、井原西鶴「日本永代蔵」に「北の国一番の米の買入れ、惣左衛門といふ名をしらざるはなし」などと紹介された。

 現在の建物は、1845年4月の「甘鯛火事」で被災後に再建されたもの。野地板の上に杉皮を敷き、それを石で押さえた「石置杉皮杉葺屋根」は風が強い風土に根差した、酒田の典型的な町屋造りとされる。1984年5月に国史跡に指定された。86年には所有者の鐙谷家から市が土地・建物を取得し、翌年から一般公開。90年度から8カ年かけて建物全体の大規模改修を行った。

 前回の改修から20年余が経過し、専門家から震度5以上の地震で倒壊する可能性が指摘されている上、昨年6月の本県沖地震の際は柱や梁(はり)に亀裂が入った。今回の大規模改修では、傷みが激しい屋根全面(約700平方メートル)を葺き替え。さらに壁の一部について、細い竹などを組んだ木舞(こまい)に土を塗った土壁から、新たに耐力壁にして補強する。完了は2024年度末の予定。

 「酒田に唯一残る江戸時代の町屋造りを地震倒壊の危機から救いたい!」と銘打った今回のGCFは、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で来月30日(土)まで募集している。今月27日現在の寄付金額は30万5000円。

 今回のGCFにあたり丸山至市長は「酒田のシンボルの一つである『旧鐙屋』を再生し、新たな出会いの場として地域の発展を図り、この素晴らしい建物を全国に発信していきたい」とコメントしている。

修繕費用のGCFが行われている「旧鐙屋」=今年4月

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク