全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コクガン2羽 広尾で確認 背にGPS発信機

 国の天然記念物で渡りのルートを解明中のコクガン2羽が27日、広尾町の十勝港で確認された。ともに背中にGPS(全地球測位システム)発信機を付け、町内の写真家松田哲典さん(60)が撮影に成功した。コクガンの追跡調査を行っているグループの関係者は「非常に貴重な写真」と話している。

十勝港に飛来したGPS発信機付きのコクガン。左から識別番号「A4」と「43」(松田哲典さん撮影)

 コクガンは東アジアでは数が少なく、環境省が絶滅危惧種に指定している。日本に飛来するコクガンの繁殖地や移動ルートなどは不明な点が多く、今回調査している個体はGPS発信機のほか、脚に個体識別番号を付けている。

 2羽は識別番号「43」と「A4」。うち「43」は、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団と南三陸ネイチャーセンター友の会(ともに宮城県)の共同調査グループが1月下旬に同県南三陸町で捕獲し、GPSを取り付けた4羽のうちの1羽。同財団研究室長の嶋田哲郎さん(51)によると、4200キロ離れたロシア北部で夏を過ごし、日本に戻ってきたという。

 また、識別番号「A4」は、山階鳥類研究所(千葉県)の澤祐介さんが代表を務めるコクガン共同研究グループが11月、根室管内別海町の野付半島で発信機を取り付けたコクガン。

 嶋田さんによると、「43」は11月23日、襟裳岬に到着。その後、十勝港との間を行き来しているという。

 撮影した松田さんは、写真仲間が日高管内えりも町でGPSの付いたコクガンを撮影した話を聞き、十勝港へ。全長60センチほどの2羽を発見した。「広尾では初めて見た」と話す。

 松田さんは撮影した写真を同財団に提供。嶋田さんは「GPSで場所は特定できるが、写真は生態を把握する上で非常に貴重な資料になる。今後もどのような動向を取るのか注目したい」としている。

関連記事

荘内日報社

庄内の冬を楽しむ「寒鱈まつり」テークアウト対策講じて 鶴岡

 冬の庄内の味覚を代表する寒ダラを味わう「日本海寒鱈(かんだら)まつり」が17日、鶴岡市の鶴岡銀座通りで開かれた。全てテークアウト方式にするなど新型コロナウイルス感染の防止策が講じられ、大きな鍋を持...

紀伊民報社

望楼の芝で野焼き 「本州最南端の火祭り」は中止

 和歌山県串本町潮岬の望楼の芝(約10ヘクタール)で13日、害虫を駆除し、新芽の生育を促すことを目的にした野焼き作業があった。毎年この時季に開催している観光を目的とした「本州最南端の火祭り」(南...

苫小牧出身・伊藤優希 プロ野球独立リーグ徳島に入団、今秋のNPBドラフト..

 社会人野球の北海道ガスに昨年末まで所属していた苫小牧市出身の外野手伊藤優希(24)がこのほど、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団した。50メートル5秒7...

生徒寮鵡川高野球部「三氣塾」お披露目、復興のシンボルに

 胆振東部地震で被災し、むかわ町が整備を進めていた鵡川高校野球部の生徒寮「三氣塾」(むかわ町文京)の完成お披露目会が17日に開かれた。来賓や関係者らが施設の再建を祝い、部員たちが思いを新たにしてい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク