全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コクガン2羽 広尾で確認 背にGPS発信機

 国の天然記念物で渡りのルートを解明中のコクガン2羽が27日、広尾町の十勝港で確認された。ともに背中にGPS(全地球測位システム)発信機を付け、町内の写真家松田哲典さん(60)が撮影に成功した。コクガンの追跡調査を行っているグループの関係者は「非常に貴重な写真」と話している。

十勝港に飛来したGPS発信機付きのコクガン。左から識別番号「A4」と「43」(松田哲典さん撮影)

 コクガンは東アジアでは数が少なく、環境省が絶滅危惧種に指定している。日本に飛来するコクガンの繁殖地や移動ルートなどは不明な点が多く、今回調査している個体はGPS発信機のほか、脚に個体識別番号を付けている。

 2羽は識別番号「43」と「A4」。うち「43」は、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団と南三陸ネイチャーセンター友の会(ともに宮城県)の共同調査グループが1月下旬に同県南三陸町で捕獲し、GPSを取り付けた4羽のうちの1羽。同財団研究室長の嶋田哲郎さん(51)によると、4200キロ離れたロシア北部で夏を過ごし、日本に戻ってきたという。

 また、識別番号「A4」は、山階鳥類研究所(千葉県)の澤祐介さんが代表を務めるコクガン共同研究グループが11月、根室管内別海町の野付半島で発信機を取り付けたコクガン。

 嶋田さんによると、「43」は11月23日、襟裳岬に到着。その後、十勝港との間を行き来しているという。

 撮影した松田さんは、写真仲間が日高管内えりも町でGPSの付いたコクガンを撮影した話を聞き、十勝港へ。全長60センチほどの2羽を発見した。「広尾では初めて見た」と話す。

 松田さんは撮影した写真を同財団に提供。嶋田さんは「GPSで場所は特定できるが、写真は生態を把握する上で非常に貴重な資料になる。今後もどのような動向を取るのか注目したい」としている。

関連記事

宇部日報社

山陽小野田市の竜王山に今年もヒメボタル

 西日本有数のヒメボタルの生息地、山陽小野田市南部の竜王山(標高136メートル)で今年もヒメボタルが見られ始め、愛好家たちを喜ばせている。今週末にはがピークを迎えそうだ。       体長5~1...

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク