全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

水揚げ10.9%増19万㌧【釧路】

 

豊漁だったマイワシの水揚げ(10月、釧路副港)

釧路市は28日、2020年(1~12月)の釧路港の水揚げ取扱(速報)を発表した。水揚げ数量はマイワシの豊漁などで対前年比10・9%(1万8776㌧)増の19万1044㌧となったが、金額は魚価の高いサンマやサバの不振、新型コロナウイルスの影響で飲食店からの需要が減ったことなどにより同2・28%(1億8953万円)減の81億4094万円だった。

 マイワシは漁期の終了まで近海に漁場が形成され、道東海域で巻き網漁の水 揚げが増えたことにより、数量は10%(約1万2700㌧)増の約14万2000㌧、金額は8%(約3億1500万円)増の約41億6800万円と大幅に増加。しかし、魚体が小さくほとんどが飼料や肥料などのミール向けとなり、1㌔当たりの単価は29円と低迷した。

 また、沖合底引き網漁業も安定した水揚げがあった。漁業種類別の集計はまとまっていないが、11月までの累計では数量は22%増、金額は5%減となっている。イカは今年も不振の状況は変わらないが、短期間に近海で漁場が形成されたことから、数量は4倍以上の約490㌧、金額は5倍近い約2億6700万円となった。

 一方、サンマは近海での漁場形成がほぼなく操業場所も遠いことなどが影響し、水揚げ数量は88%(約1127㌧)減の約152㌧、金額は78%(約2億3400万円)減の約6400万円。サバは、マイワシの漁場形成が強く影響したことで不振となり、数量は47%(約197㌧)減の約226㌧、金額は29%(約1600万円)減の約5600万円だった。

関連記事

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

紀伊民報社

よし田(上富田)、竹寳(白浜)に「星」/ミシュランガイド特別版

 「日本ミシュランタイヤ」(本社・東京都)は19日、厳選した飲食店を星の数などで評価し紹介するガイドブック「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」の掲載店を発表した。ミシュランガイドで和歌...

希少鳥類7種を確認、ドローンで勇払原野の生息調査

日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ(苫小牧市植苗)は野鳥繁殖期の4~8月、市内東部に広がる勇払原野でドローンなどを用いて実施した新手法の鳥類調査で、国内レッドリストに掲載された絶滅の恐れがある希...

ナキウサギが泣いている 踏まれ餌の植物枯れる 鹿追

 鹿追町の大雪山国立公園内にある然別湖周辺や山あいの場所で、愛らしい姿で人気のエゾナキウサギを一目見ようと、今年も多くの人が訪れている。ただ人気の一方で、訪問者の増加とともに、ナキウサギの餌になる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク