全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

初詣「分参」を 県内の神社、寺院呼び掛け

お守りや縁起物などを求める参拝客=24日午前、駒ケ根市の光前寺

新型コロナウイルスの影響で、多くの参拝客が訪れる県内の神社、寺院では、「分参(分散参拝)」を呼び掛け、大みそかや正月三が日の混雑緩和、密集回避に向けて対策を練っている。駒ケ根市の古刹光前寺でも、マスク着用や消毒など感染対策を徹底した上で「分散参拝」を呼び掛ける。20日からお守り、お札、縁起物などを頒布しており、初詣の密集を避けて年内に参拝を済ませる人の姿もみられる。

新年の縁起物などについては境内に授与所を設けて頒布。30日までは午前9時~午後4時に開いている。

守り矢、熊手などがそろい、早速求める参拝客も。南箕輪村から訪れた自営業男性(55)は「いつもだったら元旦に参拝するのだが、今年は自粛する。早くコロナが収束してほしい」と話した。

二年参り、初詣は例年多くの人出でにぎわうが、寺側は比較的空いている朝の時間帯の参拝を推奨。 境内各所には消毒液を用意するほか、参拝する際に鳴らす鰐口は接触を避けるため使えない。

除夜の鐘は31日午後11時45分から。鐘つきは先着108組のみの限定にする。吉沢道人住職は「間隔も開けて参拝するよう、警備員の指示に従ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

荘内日報社

にぎわい創出の拠点 「日和山小幡楼」オープン(酒田)

 酒田市が、日吉町二丁目の「旧割烹小幡」を新たな交流観光拠点施設として改修した「日和山小幡楼」が20日オープン。セレモニーで丸山至市長(67)は「受け継がれてきた歴史的な価値を高め、にぎわい創出につな...

紀伊民報社

よし田(上富田)、竹寳(白浜)に「星」/ミシュランガイド特別版

 「日本ミシュランタイヤ」(本社・東京都)は19日、厳選した飲食店を星の数などで評価し紹介するガイドブック「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」の掲載店を発表した。ミシュランガイドで和歌...

希少鳥類7種を確認、ドローンで勇払原野の生息調査

日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ(苫小牧市植苗)は野鳥繁殖期の4~8月、市内東部に広がる勇払原野でドローンなどを用いて実施した新手法の鳥類調査で、国内レッドリストに掲載された絶滅の恐れがある希...

ナキウサギが泣いている 踏まれ餌の植物枯れる 鹿追

 鹿追町の大雪山国立公園内にある然別湖周辺や山あいの場所で、愛らしい姿で人気のエゾナキウサギを一目見ようと、今年も多くの人が訪れている。ただ人気の一方で、訪問者の増加とともに、ナキウサギの餌になる...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク