全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

初詣「分参」を 県内の神社、寺院呼び掛け

お守りや縁起物などを求める参拝客=24日午前、駒ケ根市の光前寺

新型コロナウイルスの影響で、多くの参拝客が訪れる県内の神社、寺院では、「分参(分散参拝)」を呼び掛け、大みそかや正月三が日の混雑緩和、密集回避に向けて対策を練っている。駒ケ根市の古刹光前寺でも、マスク着用や消毒など感染対策を徹底した上で「分散参拝」を呼び掛ける。20日からお守り、お札、縁起物などを頒布しており、初詣の密集を避けて年内に参拝を済ませる人の姿もみられる。

新年の縁起物などについては境内に授与所を設けて頒布。30日までは午前9時~午後4時に開いている。

守り矢、熊手などがそろい、早速求める参拝客も。南箕輪村から訪れた自営業男性(55)は「いつもだったら元旦に参拝するのだが、今年は自粛する。早くコロナが収束してほしい」と話した。

二年参り、初詣は例年多くの人出でにぎわうが、寺側は比較的空いている朝の時間帯の参拝を推奨。 境内各所には消毒液を用意するほか、参拝する際に鳴らす鰐口は接触を避けるため使えない。

除夜の鐘は31日午後11時45分から。鐘つきは先着108組のみの限定にする。吉沢道人住職は「間隔も開けて参拝するよう、警備員の指示に従ってほしい」と呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク