全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛カレンダー好評 湖水地方コモンズ 大樹・幕別

大好きなブラウンスイス牛のそばでカレンダーを手にする白井温紀さん

 一般社団法人湖水地方コモンズ(白井隆代表理事、大樹町晩成)は、「湖水地方牧場」(幕別町忠類晩成)の2021年カレンダーを発行した。丑(うし)年にちなんだ愛らしいブラウンスイス牛の写真が好評を博している。

 同牧場は2014年に開設し、現在はブラウンスイス牛とイタリア水牛計約60頭を飼育。水牛のモッツァレラチーズは、19年に日本ソムリエ協会から国内1位に選ばれるなど高い評価を得ている。

 カレンダーは白井代表理事と牧場を営む妻温紀さん(ガーデンデザイナー)が「繊細で表情豊かなかわいらしい牛たちを多くの人に知ってほしい」と提案し、初めて作製。各月の暦や季節に応じた牛の写真を短冊形に飾ることができ、広げると縦60センチ、横50センチの大きさになる。牛や植物は温紀さんが撮影し、知人で東京在住のデザイナーHAL Horiiさんがデザインやイラストを手掛けた。

 カレンダーの裏面には同法人の活動内容や湖水地方の美しい写真などを掲載。12月2日に計800部を発行し、関係者に配布した。

 温紀さんは「純粋な牛に癒やされ、教えられながら、これからも酪農を続けたい」と話している。

 希望者には同カレンダーを提供する。申し込みは温紀さん(Eメールharuki@shirai-company.jp、ファクス01558・7・8556)へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク