全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

年の瀬 買い出し盛況【釧路】

 

花咲ガニなどを品定めする買い物客(27日午前11時ごろ、釧路和商市場)

今年最後の日曜日となった27日、市内の食料品店やスーパーなどには年越しや正月用品を求める買い物客が続々と訪れた。各所のにぎわいはこれから大みそかまでにピークを迎える。新型コロナウイルスの影響で混雑を避けようと早めに買い出しを行う動きや、帰省を見合わせた遠方の家族らに地元の特産品を送る利用客の姿も目立った。

 釧路和商市場では、午前を中心に地元の家族連れなどが訪れ、各店を回りながら年末年始に家で食べるためのサケやカニ、ホッケなど新鮮な魚介類を品定め。今年が期限の釧路市エール商品券を使って高額の商品を買う姿も見られた。

 市内在住の杉山亮子さん(77)は、普段は札幌と千葉にいる2人の息子の家族とカニなどを食べて過ごすが、今年はコロナ禍のため帰ってこない。代わりに送ることにし「息子に買ってしまったので(自分は)質素に過ごす」と笑った。

 同市場は12月の売り上げが年間で最も多く、特に29日からの3日間がピークとなり、売り上げが通常の5倍以上になるところも。店からは29日からの客足増加に期待する声も聞かれた。

 この日は「大安」でもあり、スーパーではしめ飾りを買う客が多く見られた。あいちょう美原店(釧路市美原4)の澤出久店長は人の動きが昨年よりあるとし、客単価も「買うもののレベルがワンランクアップしていると感じる。帰ってこない分一人当たりの金額が増えているのかも」とみる。激安スーパーヒロセ睦店(釧路町睦3)でも、客単価は上がっていると分析。金内健二店長は「まとめ買いの量が増えている」と特徴を挙げる。

 スーパーアークス鳥取大通店(釧路市鳥取大通2)では、年末の混雑を見越してか例年より早めに客足が伸び始めているという。酒井平和店長は「年越しそばの売れ行きなどを見ると、前倒し傾向は感じる」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク