全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本復帰前の賞状、見つけた 姶良市の国山さん 当時の暮らしに思いはせ

本土との行政分離中の小学4年生時の賞状に「当時を思い出す」という国山敦子さん

 鹿児島県姶良市に住む奄美出身の女性宅に、奄美群島と本土の行政分離期の1952年に行われた、奄美群島政府と琉球臨時中央政府資源局主催の作文コンクールの賞状が保管されている。受賞した女性が嫁入り道具として持参した、たんすの整理中に見つけた。賞状を眺め、日本への復帰を目指した人々の暮らしや、当時の町の様子を思い出すという。

 この女性は、旧名瀬市(現奄美市名瀬)出身の国山(旧姓・元田)敦子さん(81)。賞状は奄美の日本復帰前年の1952年2月、名瀬小学校4年生の時に森林愛護週間の作文コンクール入選で授与された。今年11月に不要な家具や生活用品を処分しようと整理した際、結婚した1966年に持参した、たんすの奥から見つけた。通知表とともに母の克枝さんが大切にしまっておいたとみられる。

 賞状が保管されていると知らなかった国山さんは、賞状を手に「奄美の人々は貧しい暮らしを強いられ、子どもたちは屋外でもはだしだった。復帰当日、ちょうちん行列で喜んだことも忘れられない」と話し、「行政分離期の時代や復帰への歩みが、島の子どもたちにいつまでも語り継がれてほしい」と願った。

 コンクール主催者として、賞状に奄美群島政府とともに表記されている琉球臨時中央政府は、51年4月から52年3月までの1年間だけ設けられた暫定的な統治機構。52年4月に発足した琉球政府に業務が引き継がれた。夫の光男さん(79)は「本土との行政分離中、1年間限りの行政機関の名称が記された賞状は記念になる」と話し、額縁に入れて保管している。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク