全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南高梅の母樹が里帰り

里帰り式典で、南高梅の母樹のそばに立つ紀州高田果園の高田智史社長(25日、和歌山県みなべ町晩稲で)

 全国的な梅のブランドとして地域の基幹産業を築いた「南高梅」の母樹(樹齢約120年)が、和歌山県みなべ町気佐藤のJA紀州アグリセンターみなべから、誕生の地、同町晩稲の畑に「里帰り」した。関係者が25日、集まって式典を開き、母樹や先人に感謝するとともに、さらなる産地発展への思いを強めた。

 南高梅は1902年、晩稲の高田貞楠さんが、実生苗(種子から生育した苗)の中から優良種を発見した。それを母樹「高田梅」として育て、同町筋の小山貞一さんがその穂木を譲り受けて、接ぎ木苗を育成した。
 戦後、この地域に適した梅の優良品種を統一するため、梅優良母樹選定委員会が設けられ、委員長だった南部高校の竹中勝太郎教諭が生徒と協力して選抜したのがこの高田梅だった。65年、名前は南部高との関わりもあって「南高」、登録者を高田さんとして、当時の農林省に名称登録された。
 大果で種が小さく、果肉が多い。梅干し、梅酒、梅シロップなど幅広い加工に向き、品質、味が良いのが特徴。
 母樹は78年、貞楠さんの三男、孝一さんから農協の梅部会に贈られ、JAアグリセンターみなべの玄関前に植えられた。今回、JAの加工施設増改築に伴って移植が必要となり、孝一さんの長男、高田智史さん(63)が営む「紀州高田果園」の畑に里帰りすることになった。近くにはきょうだいや孫の木も植わっている。
 里帰り式典には、JA紀州常務や県農林水産部長、みなべと田辺の梅干協同組合の代表など関係者が出席。貞一さんの三男で、同町筋の「小山農園」社長、小山豊宏さん(69)が経過報告し「老木であるし、生まれ育った地に里帰りし、余生を過ごすことが最良ではないかと考え、JA、高田さんと話し、里帰りに至った。南高梅はすべてこの一本から広まったもの。そのことを再確認してほしい」と語った。
 母樹は町指定文化財でもあり、JA紀州みなべいなみ梅部会から、智史さんに町指定文化財譲渡書も手渡された。智史さんは母樹に向かって「長い間ご苦労さまでした。ふるさとへお帰りなさい。ありがとうございます」とお礼の言葉を掛けた。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク