全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

年内に対応マニュアル作成 相次ぐ木造船漂着緊急連絡調整会議

木造船や遺体の漂着・漂流などの対応について協議した関係機関の連絡調整会議

 北朝鮮からとみられる木造船や遺体の漂着が相次いでいる問題で、県内関係機関による緊急の連絡調整会議が12日、三川町の県庄内総合支庁で開かれた。関係機関が情報を共有して連携を密にしていくとともに、不審船や不審者が漂着した場合の初動対応、住民や漁業者への注意喚起の方法などを盛り込んだ対応マニュアルを年内に作成し、運用を開始することを確認した。

 会議は県が主催し、入国管理や税関など国の機関、庄内浜沿岸の鶴岡、酒田、遊佐の3市町、県警、酒田海上保安部、県漁協、消防などから担当者約30人が出席。佐藤仁喜弥県危機管理監が「地域住民や漁業者に不安、懸念が広がっている。住民の不安を払拭(ふっしょく)するためにも、関係機関が情報を共有し連絡体制をきちんと整え、円滑に対応する体制を構築したい」とあいさつした。

 協議では、海上で漂流する船の破片が危険なため、目印となるブイを設置してほしいといった漁業者の要望が報告されたほか、漂着した船に生存者がいた場合について、「感染症予防、通訳の対応もある。救急搬送とともに、どの医療機関に搬送するかを定めておくべき」と指摘があった。また、遺体の漂着が相次いでいる鶴岡市の担当者は、遺体を火葬した後の遺骨について、「朝鮮赤十字から返還依頼があった場合を念頭に、統一した対応を示してほしい」と要望した。

 県は近く、沿岸部の住民向けに、木造船などを見つけたときの注意点や通報先をまとめたチラシを配るなどして、注意喚起を徹底することにしている。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク