全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

役割終え、災害ボラセン年内で閉鎖 仮設入居者、新居への引っ越し完了-厚真、安平

震災直後、活発に行われた災害ボランティア活動=安平町

 2018年9月に発生した胆振東部地震を受けて、厚真、安平両町で設置された「災害ボランティアセンター」が、今月31日限りで閉鎖することが決まった。自宅を被災し、仮設住宅に入居していた町民が新たな住まいへの引っ越しを終え、一定のめどが付いた―と事務局を担ったそれぞれの社会福祉協議会が判断した。今後は町内での見守り活動などを通して住民を支えていく考えだ。

 厚真町は震災翌日の9月7日、安平町は2日後の8日にそれぞれセンターを開設。要望が多かった、被災した家の家具や食器などが散乱した部屋の片付け、災害ごみの撤去や運搬をはじめ、水の運搬、避難所の清掃を精力的にこなしたほか、避難所から仮設住宅へ移る際には引っ越し作業を手伝った。併せて子どもたちの遊び相手や高齢者の入浴介助、病院への送迎などに取り組んだ。

 北海道災害ボランティアセンターがまとめた概況によると、厚真町では今月24日までに道内外から延べ5503人が参加し、1228件の活動を支援。安平町では延べ5184人が694件の作業に当たった。

 安平町社協の高橋光暢事務局長補佐(45)は、災害ボランティアセンターとしての活動を振り返り、「これまで経験がない中で次の動きや役割などのイメージができていなかった」と反省する。ボランティアの受け入れ体制などを示したマニュアルの整備や町民一人ひとりを把握するための情報整理を課題に挙げ、「日頃からの備えと見守り活動は継続していかなければならない」と話している。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク