全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

医療従事者へ年賀状 長野県伊那市高遠中2年1組

医療従事者に宛てて年賀状を書いた高遠中2年1組の生徒たち

 伊那市高遠中学校2年1組は、今春始めた取り組み「2年1組THANKS PROJECT」の一環で、新型コロナウイルス感染拡大と闘う医療従事者に宛てて年賀状を書いた。感謝や応援、ねぎらいの言葉を書き込んだ年賀状が完成。25日にポストに投函する。

 取り組みは、これまでに医療従事者への応援のほか、休校や学校行事の相次ぐ延期、中止に遭った全国の中学生に向けた励まし、心掛けたい感染予防対策をメッセージにして発信。同校ホームページや本紙に掲載した。

 出来上がった年賀状には、「多くの『命』『今』『未来』を守ってくださり、ありがとうございます」「皆さんを応援しています」など、感謝や応援の気持ちをびっしりと書いた。来年のえと「丑」が題材の駄じゃれや白黒のまだらの絵柄、温泉に漬かる牛の絵を加えた心がほっこりとするはがきも多い。

 コロナ禍の中で頑張る人に年賀状を送り、応援を届けようという事業「エール年賀」(日本郵便信越支社企画)に賛同した活動。郵便局社員を親に持ち、この活動をクラスに提案した生徒は「クラスのみんなが快く賛同してくれてうれしかった。年賀状には一緒に頑張りましょうとの思いを込めた」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク