全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

中韓便受け入れ可能に 新千歳 検疫態勢整う 仁川線 2社が臨時便の運航計画

国土交通省は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内4空港に到着を制限してきた中国、韓国からの旅客便について、今週から新千歳空港でも受け入れ可能にした。検疫態勢が整ったためで早速、韓国のアシアナ航空が来年2月に新千歳―仁川線で臨時便の運航を決定。大韓航空も1月下旬に同路線での臨時便運航を検討しており、実現すれば約10カ月ぶりの国際旅客便の再開となる。

 政府は3月、水際対策強化へ中国、韓国からの到着便を受け入れる国内空港を成田と関西に限定。新千歳空港でも同月上旬から中韓便の発着を休止している。その後、検疫態勢が確立された空港から順次、制限を緩和。11月1日に中部、同17日には福岡での受け入れを追加で認めた。

 小樽検疫所千歳空港検疫所支所は21日までに、国際線ターミナルビル2階の入国審査場に抗原検査で検体の唾液を採取するブースを確保。飛沫(ひまつ)感染防止のパーテーションも設けた。唾液が出にくい人からは鼻腔内の粘液を採取するため、飛沫感染防止用のビニールシートで覆った場所も確保した。

 検査結果は1~3時間ほどで判明。その間、被検者は、検疫レーンから100メートル以上離れた国際線乗り継ぎカウンター近くのコンコースで待機する。陽性者が出た場合は同支所健康相談室に移動後、指定された病院や宿泊施設に搬送する。すべての入国者について発熱の有無や体調の異変などを確認するため、質問票への記入も求める。

 現時点で韓国の大手2社が臨時便の運航を計画しているが、同国からの観光客の入国は認められておらずビジネス客や留学生、外国人技能実習生が中心となる見通し。新千歳国際線の利用は観光客がメインで成田、関西、中部、福岡の4空港に比べ、ビジネス客は少なく、全体の約1割にすぎない。

 定期便の再開に向けた動きは鈍く、航空関係者の間には「新千歳の国際線利用が、コロナ前の水準まで戻るには、5年はかかる」との見方もある。

 2019年の同空港の国際線の旅客は韓国線が118万8172人、中国線は64万9541人と、合わせて全体の約48%を占めた。

 新千歳の国際旅客便は新型コロナの影響で、今年3月25日にハワイアン航空がホノルル便を運航したのを最後に全休している。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク