全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ふるさとでの作曲活動に希望【釧路】

 

音楽活動の拠点をふるさと釧路にした木原健太郎さん

釧路出身のジャズピアニストで作曲家の木原健太郎さん(48)が、12月から音楽活動の拠点を神奈川県葉山からふるさと釧路に移した。18歳で釧路を離れ、東京や海外などで活動を続けてきたが、ほぼ30年ぶりに再び釧路の地を活動のベースにした木原さんは「作曲をしていても、やはり自分のイメージの中に道東の自然がよみがえってくる。釧路から新しいことを生み出していきたい」と今後の釧路での生活に希望を抱いている。

 活動拠点を移したきっかけについて木原さんは、コロナ禍の影響を挙げる。葉山に自身の音楽スタジオを立ち上げ、コンサートや収録のために東京へ。さらに「キハケン流音楽ジャズピアノレッスン」の札幌や釧路の教え子たちのために移動する日々を重ねてきた。それがコロナ禍で一変した。

 「14年暮らしてきた葉山を離れることは随分考えました。しかし東京のスタッフとの打ち合わせがリモートになってしまった時、逆パターンも良いのではないかと思った」という。つまり東京に通うのは毎日ではない。毎月札幌と釧路でレッスンに通っている。ならばふるさと釧路を拠点に音楽活動を続けてもよいのではないか―と。

 木原さんの音楽レッスンに通う教え子たちは、小学校低学年から孫のいるおばあちゃん世代まで幅広い。「自分はジャズピアノについてのイメージを変えたいと思っている。どうしてもジャズとなると敷居が高く考えがちのところがあるが、実際はとても楽しいことを伝えていきたい」という木原さん。その思いを持ち続ける日々を変えてしまったコロナ禍の今で気付いたのが、ふるさと釧路の存在だった。

 現在も釧路市の観光親善大使で母校の青陵中(当時緑陵中)と明輝高校(同北高)の校歌を手掛けるなど、釧路とのつながりを大切に釧路をPRする存在だが「自分の根っこのところには、やはり釧路がある。釧路の空気感。それが自分の中でとても大きい。これまで釧路の皆さんにたくさん応援してもらってきた。今度は釧路に住んで新しいことにも挑戦したい」と語る。

 すでに釧路に戻った木原さんを待ち受けていたように6日には、くしろ子どもミュージカル「キッズロケット」のクリスマスコンサートの舞台で子供たちと共演。自身が作曲した「いい日にしようね」など6曲を演奏した。そして25日午後2時からFMくしろの番組に生出演。近況報告とクリスマスソングを披露する。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク