全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

絹糸も工程も「オール岡谷」 着物作り進む

ヤナギで染めた絹糸を織る準備をする小山町子代表(左)と、山田敦子店主=岡谷絹工房

諏訪産の蚕糸で純国産着物を作る「諏訪の絹」プロジェクトの一環で、繭の生産から製糸、織りまでの工程を岡谷市内で担う着物作りが行われている。「オール岡谷産」のシルクで作られる初めての着物。織り上がった反物は、来年2月に諏訪市の呉服店「染と織やまだ」で展示販売される。

同店が展開し、9年目を迎えたプロジェクト。今回初めて、岡谷市川岸上の三沢区民農園が育てた秋蚕の繭を使用する。岡谷蚕糸博物館併設の宮坂製糸所で製糸し、同市中央町の岡谷絹工房で染色して2反分の反物に織り上げる。

オール岡谷産シルクの着物作りは、7日に絹工房を訪れた同店の山田敦子店主(56)が偶然、三沢区民農園の繭から取った絹糸を目にしたのがきっかけ。その光沢と「きしきし」とした絹独特の手触りに感動したといい、すぐに企画が進んだ。

宮坂製糸所では岡谷ゆかりの諏訪式繰糸機で糸繰り。絹工房では、岡谷市内のヤナギとソヨゴを使って草木染めを行い、2種類に染色。ヤナギで染めた紫色を帯びたグレーと、ソヨゴのピンク系のグレーのそれぞれの色の反物を1反ずつ手織りする。

21日は山田店主らが絹工房を訪れ、ヤナギで染められた絹糸を確認し、手織りの準備作業を見守った。

山田店主は「地元だけで着物ができるのは他にないすごいこと。絹糸の手触りの感動があるので、仕上がりがすごく楽しみ」と期待。岡谷絹工房の小山町子代表(73)は「純国産でもすごいのに、ましてや岡谷産の着物。やりがいがある」と話した。  今回プロジェクトに協力している岡谷市ブランド推進室は「岡谷産のシルクを認めてもらい着物として形になることは、岡谷シルクの今後の可能性につながる」としている。

関連記事

家族集い墓前で「正月」 郡内各地で十六日祭

 あの世(グショー)の正月と言われる十六日祭(ジュールクニチー)が25日(旧暦1月16日)、郡内各地で催された。家族や親戚らが集まり、墓前でオードブルや花、酒などを供えて家族の健康や子孫繁栄を願った...

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク