全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

絹糸も工程も「オール岡谷」 着物作り進む

ヤナギで染めた絹糸を織る準備をする小山町子代表(左)と、山田敦子店主=岡谷絹工房

諏訪産の蚕糸で純国産着物を作る「諏訪の絹」プロジェクトの一環で、繭の生産から製糸、織りまでの工程を岡谷市内で担う着物作りが行われている。「オール岡谷産」のシルクで作られる初めての着物。織り上がった反物は、来年2月に諏訪市の呉服店「染と織やまだ」で展示販売される。

同店が展開し、9年目を迎えたプロジェクト。今回初めて、岡谷市川岸上の三沢区民農園が育てた秋蚕の繭を使用する。岡谷蚕糸博物館併設の宮坂製糸所で製糸し、同市中央町の岡谷絹工房で染色して2反分の反物に織り上げる。

オール岡谷産シルクの着物作りは、7日に絹工房を訪れた同店の山田敦子店主(56)が偶然、三沢区民農園の繭から取った絹糸を目にしたのがきっかけ。その光沢と「きしきし」とした絹独特の手触りに感動したといい、すぐに企画が進んだ。

宮坂製糸所では岡谷ゆかりの諏訪式繰糸機で糸繰り。絹工房では、岡谷市内のヤナギとソヨゴを使って草木染めを行い、2種類に染色。ヤナギで染めた紫色を帯びたグレーと、ソヨゴのピンク系のグレーのそれぞれの色の反物を1反ずつ手織りする。

21日は山田店主らが絹工房を訪れ、ヤナギで染められた絹糸を確認し、手織りの準備作業を見守った。

山田店主は「地元だけで着物ができるのは他にないすごいこと。絹糸の手触りの感動があるので、仕上がりがすごく楽しみ」と期待。岡谷絹工房の小山町子代表(73)は「純国産でもすごいのに、ましてや岡谷産の着物。やりがいがある」と話した。  今回プロジェクトに協力している岡谷市ブランド推進室は「岡谷産のシルクを認めてもらい着物として形になることは、岡谷シルクの今後の可能性につながる」としている。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク