全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

新潟県・庄内エリアポストDCファイナルイベント 観光列車「海里」出迎え 庄内PR

 「日本海美食旅(ガストロノミー)」をテーマに今年10月から展開された観光誘客事業「新潟県・庄内エリアポストデスティネーションキャンペーン(DC)」のファイナルイベントが20日、JR酒田、鶴岡両駅で行われ、三川町をPRする「菜の花娘」はじめ関係者が、JR羽越本線新潟―酒田間で運行する観光列車「海里」の乗客らをもてなした。

 ポストDCは、日本海や雄大な山々に育まれた新潟県・庄内地域の「食」を通じ、地域の自然や歴史文化、人などの背景を広く発信することで、より多くの人からこの地を訪れてもらおうと、今年10月から3カ月間にわたって実施。周遊スタンプラリー、美食提供料理店の紹介といった各種事業を繰り広げてきた。

 酒田駅ではこの日、菜の花娘と共にJR、県、市の関係者計約20人が手旗を持って「お出迎え」。雪の影響により約30分遅れで到着した「海里」、続く特急いなほの乗客計約70人に対し、観光パンフレットやウエットティッシュなどのPRグッズを手渡し、庄内地域の食、歴史・文化を紹介した。

 上越新幹線で運行するジョイフルトレイン「現美新幹線」と「海里」を乗り継ぎ、お母さんと一緒に酒田に降り立った千葉県市川市の井上大雅君(10)=行徳小4年=は「いろいろな列車に乗ることができてうれしい」と。ポストDCスタートと同時に着任し、この日の「お出迎え」に参加した遠山浩一酒田駅長は「コロナ禍によって観光面では寂しい結果となったが、今回の頑張りは必ず、来年4―9月の東北DCにつながるはず」と話した。

ファイナルイベントで関係者が「海里」の乗客を「お出迎え」=20日午後1時ごろ、JR酒田駅

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク