全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

第九「歓喜の歌」でHAPPY END2020

一年を締めくくる歌声を披露した市民合唱団とソリスト(記念会館で)

 第九「歓喜の歌」でHAPPY END2020が20日、宇部市記念会館で開かれた。例年150人規模の市民合唱団を結成するが、今年は密を避けるために募集を見送り、経験者31人に縮小。わずか3回の練習で本番に臨んだ。団員たちは「宇部を元気に」との願いを込め、マウスガードを着けたまま精いっぱい歌声を響かせた。第九「歓喜の歌」宇部実行委員会(松本尚也委員長)、市主催。

 2007年の初演以来、年末の風物詩として定着している。14回目の今年は新型コロナで開催が危ぶまれたが、「今年も第九を歌ってほしい」との声に後押しされて実施。市民オーケストラによる演奏や来場者の「宇部市民の歌」、第九のメーンフレーズ合唱は中止した。

 指揮は福田隆さん(熊本学園大特命教授)が初めて務めた。1部ではソリストの小野朋子さん(メゾソプラノ)、新造太郎さん(バリトン)、松岡真絵さん(ソプラノ)、藤田卓也さん(テノール)の4人が、それぞれ曲紹介を踏まえてオペラの名曲を披露。小野さんはビゼーの歌劇「カルメン」より「ハバネラ」の一部を日本語で歌った。2部は三隅香織さんのピアノ伴奏で、団員とソリストが声高らかに「歓喜の歌」を合唱。有料で映像の配信もあった。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク