全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

公共交通の未来想像 中高生まちづくりにアイデア 長野県茅野市

移動手段をテーマにまちづくりについてアイデアを出す高校生ら

 中高生らが茅野市のまちづくりを語り合う「愛してるぜ茅野ミーティング2020(第13回茅野市こども会議)」は20日、市役所で開いた。市内のまちづくりを中高生の視点で考え実践する「茅野市ぼくらの未来プロジェクト」の企画。「通学・通勤 みんなで考える移動のかたち」をテーマに公共交通を絡めたまちづくりを通して市の未来に想像を膨らませた。

 プロジェクトメンバーの中高生7人に青少年健全育成団体などで活動する大人を含め約20人が参加。市が通学バスと乗り合いタクシーの試験運行をしていることを踏まえ、生徒たちも通学などに関係する移動手段について考えようとテーマに選んだ。

 バスやタクシーに加え、地域通貨、CHUKOらんどチノチノ、縄文文化といった茅野市の地域資源を計20項目挙げ、そのうち2項目以上を選んだ組み合わせで将来どんな取り組みができるかを2グループごと出し合った。

 参加者からはバスと観光の組み合わせで、八ケ岳登山口行きのデマンドバスの提案が出された。帰りは温泉に寄ったり寒天を食べたりするルートを紹介し、「登山口の駐車場の混雑が解消されて来客の増加が見込めるのではないか」と語った。動画サイト「ユーチューブ」とバス、タクシーの連携を考えたグループは、配信を見てさらに自身で茅野市の良さを発信した人にバスやタクシー代を割り引くのはどうか-といったアイデアが出た。

 司会を務めた諏訪清陵高校3年生徒は「高校生にとってバスや電車は身近な問題で、意見を持っている人がたくさんいる。生徒の意見を聞く場をもっと設けてほしい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク