全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

湖面凍っても立ち入り危険 諏訪湖岸に看板

氷上への立ち入りの危険を訴える看板を設置した=諏訪市の石彫公園

諏訪地方の観光事業者や行政、警察、消防などでつくる諏訪地区観光客安全対策推進会議は18日、諏訪湖の結氷に備えて、氷上への立ち入りの危険を訴える看板50個を湖岸に設置した。看板と一緒に赤色の旗50個も、湖周にほぼ等間隔にくくり付けた。英語と中国語、韓国語で表記した看板も50個ほど掲示した。

毎年この時期に行い、この日は湖周3市町の行政や警察、諏訪湖温泉旅館組合や諏訪湖漁業協同組合などから25人ほどが参加。4班に分かれて作業に当たった。このうち諏訪市を担当した班では、なぎさのある石彫公園から間欠泉センターまでの湖岸沿いにロープも張った。また、観光客が集まりやすい間欠泉センター、赤砂崎公園(下諏訪町)、釜口水門(岡谷市)付近の3カ所には氷上への立ち入り危険とともに御神渡りについて紹介した看板も置いた。湖面の状態によるが、来年3月ごろに撤去する予定。

御神渡りが出現した際に、新型コロナウイルス感染防止のために見物客の密集を避けようと、社会的距離の確保を呼び掛ける看板の設置を検討中。県などが湖畔に設置するカメラを混雑状況を知らせるために活用することや新たなライブカメラの設置も検討している。

同会議事務局の県諏訪地域振興局商工観光課の井口渉課長は「自然の氷なので薄い箇所と厚い箇所があり、過去には落下事故もあった。今季は寒い冬になりそうなので注意喚起をして、安全に楽しんでもらいたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク