全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

移動式ガソリンスタンド配備

大規模災害に備え、県が串本町などに導入している「どこでもスタンド」。タンクローリーから直接給油可能という

 和歌山県は本年度、津波などにより、ガソリンスタンドが被災した際などに備え、タンクローリーから直接給油可能な設備「どこでもスタンド」を串本町など5カ所に配備した。災害対応に必要な緊急車両に利用する。本年度、東京都や徳島県でも導入予定だが、和歌山県内の配備は11月下旬に実施、全国初という。

 過去の大規模災害の際に、緊急車両への給油が困難になった事例があるため、災害対応に支障が出ないよう、導入を決めた。
 購入費用は5台で計約7千万円。全額、資源エネルギー庁の補助金を活用する。配備場所は、串本町の東牟婁振興局串本建設部、新宮市の東牟婁総合庁舎、那智勝浦町の旧グリーンピア南紀、日高川町の町防災センター、湯浅町の有田総合庁舎で、それぞれ津波浸水想定地域近くの高台に当たる。
 通常、ガソリンはタンクローリーからガソリンスタンドの地下タンクに入れ、ポンプで引き上げて給油するが、「どこでもスタンド」を利用すれば、タンクローリーから直接給油できるという。
 普段は配備場所の倉庫に保管し、津波など大規模災害が発生し、ガソリンスタンドが被災した際に、駐車場などに設置する。移動可能なため、局地的な被災があった場合などは、設備を集中させることも可能という。警察車両や救急車、消防車、自衛隊車両、物資輸送車、公用車などに使用する。
 串本建設部では21日に設備の納入式がある。仁坂吉伸知事や国会議員、県議らが出席し、タンクローリーを使用した実演をする。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク