全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

混雑避け「早参り」を 出羽三山神社丑歳御縁年 縁起物の頒布始める

 来年の「丑(うし)年」を羽黒山・月山・湯殿山の出羽三山全体の御縁年とする鶴岡市の出羽三山神社(宮野直生宮司)では、年末年始を迎えるに当たり、新型コロナウイルス対策として混雑を回避する「早参り」を勧め、破魔矢などの縁起物の頒布を始めている。

 例年、大みそかから元旦にかけて斎行される大祭・松例祭(しょうれいさい)に合わせ、多くの初詣客でにぎわう羽黒山山頂。同神社によれば、昨年の正月三が日だけで約5万5000人の参拝客があった。来年は12年に1度の「丑歳御縁年」を迎えるに当たり、多くの人出が見込まれている。感染症対策としては一方通行にすることで人の流れをつくり、いずれも同市の善寳寺(五十嵐卓三住職)、荘内神社(石原純一宮司)との3寺社で独自に作成した絵文字「ピクトグラム」を境内に設置し、間隔を空けて並ぶことなどを呼び掛ける。

 これに加え、出羽三山神社では混雑回避のために正月より前に早めに参拝を済ませる「早参り」客に合わせ、すでに縁起物の頒布を開始している。頒布前日の15日には巫女(みこ)らが破魔矢に絵馬を結び付けて包装するなどの準備作業に追われた。今回は丑歳御縁年にちなみ、羽黒山内のスギで作られた特別なお守りも用意。今後も御縁年に合わせた縁起物を頒布する予定だという。

 出羽三山神社の吉住登志喜禰宜(ねぎ)は「コロナの状況を見ながら、できる限りの対策を取って準備を進めていきたい」と話している。

巫女らが「早参り」客に合わせ、急ピッチで縁起物の準備を行った=15日、出羽三山神社

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク