全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

季節ハタハタ接岸で漁港に活気

季節ハタハタのまとまった水揚げがあり、活気づく漁港(八峰町の八森漁港で)

 県漁協北部支所管内の季節(沿岸)ハタハタ漁は16日、八峰町の八森、岩館両漁港と能代市の能代港の3漁港で3・1㌧が水揚げされ、競りに掛けられた。不振が続いていたが、今季一番のまとまった量が揚がり、漁業関係者は季節ハタハタ漁の本格化に安堵の表情を見せた。同支所は「ようやく本隊が来たと言えるのではないか」と話している。

 産卵のために接岸する季節ハタハタは卵塊(ブリコ)や白子が熟成し、本県の冬を代表する味覚だ。
 同支所管内の季節ハタハタ漁は先月25日に解禁。今月11日に八森で3㌔の初漁を皮切りに、12日に八森1・2㌔、14日に能代で18㌔とわずかながら水揚げが続き、15日はしけのため八森、岩館では操業が限られたが、能代で786㌔の水揚げがあった。
 16日は八森、岩館両漁港と能代港で3・1㌧が水揚げされた。内訳は八森1・5㌧、岩館0・5㌧、能代1・1㌧。2、3歳魚が中心だった。漁港周辺では朝から出荷のための選別作業が盛んに行われ、活気づいた。
 八森漁港で午後4時から行われた競りでは、雌が1㌔1600円、雄は1㌔1千円の値が付いた。
 岩館漁港で刺し網漁を営む漁師の男性は「ようやく初漁だ。しけに乗ってやってきたハタハタは正直だ」と笑顔を見せ、「漁獲枠までとは言わないが、これから毎日まとまった量の水揚げが続いてほしい」と願った。
 同支所は「ようやくまとまった量が揚がり、ほっとしている。17日はさらなる水揚げが期待できるのではないか」としている。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク