全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光大使に「みやぞん」さん 「日本中に魅力伝えたい」

与那国町初の観光大使に認定された宮園さん(左)=16日午後、与那国町役場

 【与那国】与那国町は16日、「みやぞん」で活躍するタレントの宮園大耕さんを同町初の観光大使に任命し委嘱状を交付した。宮園さんは「責任重大だが、日本中に与那国の魅力を伝えられるよう一生懸命頑張る」と意気込んだ。同町の観光大使任命は初。

 同町はことし10月、観光大使を公募するため与那国町観光大使設置要項を策定。大使募集を進めていたところ、宮園さんから観光大使を希望する旨の申し出があり、同町の魅力を発信できる人材と判断し任命。宮園さんは民放テレビ番組のロケで7月に来島していた。

 委嘱状交付式は町役場玄関前で行われた。委嘱状を交付した外間守吉町長は「8月頃、久部良の漁師や観光関係者から『みやぞんさんを大使に』と話があり、10月に要項を制定した」と経緯を話し、「本人の人気と共に、わが町が良い形で紹介されると期待している」と述べた。

 町観光協会の竜門久司会長は「与那国には素晴らしい所がたくさんある。一緒に盛り上げて長い付き合いにして、情報発信してほしい」と期待した。

 宮園さんは「ロケで来た時から、与那国島が大好きだと思った。海外にも行ったが、与那国だけ縁を感じた」と述べ、意欲を語った。また、ギターの伴奏付きで自作の歌「与那国サイコー」を披露。町職員や駆けつけた町民から拍手が送られた。

 観光大使の任期は3年間。

 宮園さんは漫才師で、ANZEN漫才のコンビとして活躍中。キャラクターの天真爛漫さが魅力。浅井企画所属。東京都足立区出身。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク