全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

80年前の主力米 お味は? 三川町 押切小「イ号」特別給食

 大正時代末期から昭和初期にかけて16年間、米の県奨励品種だった「イ号」を使った特別給食が15日、三川町の押切小(小野寺茂義校長)で出された。米飯給食で児童たちは「つや姫」「はえぬき」と現在のトップブランド米を日頃食べているが、学校に併設された給食室で約9キロ炊かれたものが各教室に用意された。

 温かいご飯という点ではいつもと変わらないだけに約80年前の県主力米に「おいしい」「うまい」と反応する子どもも多かったが、1年生の佐藤陽咲(ひなた)さん(7)は「おいしいけど、かみ応えもありました」と答えた。

 実際「イ号」は“冷めてもおいしい”の評判があるつや姫と比べるとモチモチ感は少なく、明らかに小粒。ややパサパサした食感だったのは事実で「麦ご飯のような感じがした」と漏らす児童もいた。

 これらをひっくるめて「それでいいんです」としたのが町観光協会事務局次長・今野徹さん(51)。「先人が研究し、その積み重ねが今のつや姫などにつながっていることを実際食べて、学んでくれればいいんです」と企画した町側の意図を語っていた。

 「イ号」は1907(明治40)年、現町内の旧東郷村猪子の佐藤彌太右衛門が作り上げたもの。3年前に50グラムの種もみから復活させ、現在39アールで育てられている。収穫後の多くは日本酒の特別純米酒の原料として供給されている。

 庄内は国内の給食の発祥地として知られ、町は昔の給食を復活、体験させる試みを続けており、クジラベーコンなどもこれまで出してきた。来年以降も特別給食を続けていく予定だ。

大きな口を開けて「イ号」給食を味わった児童たち

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク