全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

荘内病院「ドクター出前講座」展開

「ドクター出前講座」の中で、研修医と地元住民が寸劇を通じて救急外来の受診を分かりやすく紹介した=9日、鶴岡市・民田公民館

 鶴岡市立荘内病院(三科武院長)は、医師らが地域に出向き地域医療の現状を市民に伝える「ドクター出前講座」の取り組みを始めた。がん予防に関する医師の講話や救急外来を受診する際の注意点などを紹介する寸劇、膝を突き合わせてのフリートークを通して、地域の基幹病院としての荘内病院の役割をあらためて知ってもらうもの。2回目の出前講座が9日、同市の民田公民館で開かれ、高齢者を中心に約40人が参加した。

 出前講座は、同病院地域医療連携室長で外科系診療部長の鈴木聡医師が発案した。荘内病院を身近な医療機関として理解してもらうとともに、市民が何を求めているか、生の声を聞こうと企画。地域の衛生協力会や老人クラブなどの協力で、先月12日に道田町公民館で1回目を開いた。

 2回目となった民田公民館の出前講座では、鈴木医師が講話で、がんを防ぐ12カ条など日常生活でのがん予防対策を紹介。研修医の佐藤みさお医師と地元住民の出演による寸劇で、腕のしびれを感じて救急外来を訪れ、検査で軽い脳梗塞と診断されるというケースを題材に救急医療の重要性を伝えた。

 フリートークでは「腕が少ししびれたぐらいで救急車を呼んでもいいのだろうか」との質問があり、鈴木医師は「脳梗塞の治療は時間との勝負。しびれがあって脳梗塞が疑われる場合は自分で車を運転せず、救急車を呼んでほしい」とアドバイス。がんの治療や再発防止、検診などについても質問があった。

 鈴木医師は「出前講座を通じて、地域の人たちが荘内病院に何を期待しているかといった点も把握できれば。荘内病院には実力のある研修医が第一線で活躍しており、こうした講座で研修医についても理解を深めてもらいたい」と話している。本年度最終となる3回目は来年2月10日、みどり町公民館で開かれ、地元住民以外の参加も可能。問い合わせは同病院地域医療連携室=電0235(26)5155=へ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク