全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋鬼祭の小鬼面完成「奉告祭」

 豊橋市八町通3の安久美神戸神明社(平石雅康宮司)で10日、国重要無形文化財「豊橋鬼祭」で使われる小鬼面の完成を報告する神事「奉告祭」があった。

 豊橋鬼祭は毎年2月10、11の両日に同神明社で開かれる。これまで使っていた小鬼面は1948年製で、担当の札木町によると数年前から破損が心配されていた。

 神明社は改元を祝し、神面奉製事業を開始。昨年は赤鬼と鼻高(天狗)、今年は小鬼面を72年ぶりに新調した。手掛けたのは豊橋出身で面司如意ノ坊三世、北沢美白さん(34)。5月に神明社潔斎殿に5日こもって面を打ち、京都の工房で仕上げ、面を完成させた。

 奉告祭は関係者少人数で実施。北沢さんが特注の面箱や箱紐、面袋に神面を収めて奉納した。「無事お納めできた。100年、200年耐えうる木材を使い、製作方法もこだわって打たせていただいた。奉製を機に、祭りへの理解と関心が高まれば」と述べた。

 神面は祭り当日に初披露される。平石宮司は「力がみなぎる面。力強い感じと、かわいらしい部分も備えている」と語る。来年は青鬼、翌年は宇受売(うずめ)、3年後に黒鬼面を新調する。

関連記事

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

「氷の世界」観光資源に SNSで掘り起こし 十勝観光連盟

 十勝の冬の観光資源を掘り起こそうと、十勝観光連盟(十観連、梶原雅仁会長)は「クリスタルランドTOKACHIhttps://tokachibarejp/14075/」プロジェクトを立ち上げた。昨年12月から「氷」にまつわ...

「美と健康」の旅PR

愛知県図書館で「メザメ奥三河展」  奥三河観光協議会は、名古屋市中区の県図書館で「okumikawAwake/メザメ奥三河展」を開いている。新城市の奥三河蒸留所で製造されるハッカエッセン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク