全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広市内中学 制服代に差 図書館司書の大平さん調査

全国各地から資料を取り寄せ、独自調査を進める大平さん

 帯広市図書館司書で市内在住の大平亮介さん(28)が、子どもの貧困への問題意識から、本業の傍ら市内11中学校の制服代や副教材費を比較調査した。制服代では学校間で最大1万円以上の差がある他、保護者の私費負担が市から支給される就学援助金を大きく上回る学校もあることが分かった。大平さんの自主的な活動は全国紙やインターネットニュースなどにも取り上げられ、反響を呼んでいる。

 大平さんは帯広出身。帯広農業高校、帯広大谷短大を卒業後、市図書館に勤めながら武蔵野大通信制で心理学を学んだ。学生時代から地域の課題解決に関心を持ち、これまでにも緑ケ丘公園のごみ放置問題を心理学的に考察して論文にまとめた他、昨年は帯広市議会厚生委員会で貧困率調査実施のための陳情をするなど社会的活動を続けてきた。

 子どもの貧困問題に関心があった大平さんは、昨年8月に「中学校の制服代に地域差がある」という全国紙の記事を読み、帯広の状況を把握しようと考えた。市内では、世帯の年収に応じて学用品や給食費を援助する「就学援助」を地域によって約2割の家庭が受けていることを知り、学校説明会や販売店に足を運ぶなどして、制服や体操着など保護者が自己負担する費用を独自調査した。

 その結果、学校間で格差があり、学校によっては制服やジャージー代などの合計が最高で男子6万5786円、女子で7万160円など、費用が就学援助金(4万7400円)で賄いきれない場合もあることが分かった。

 大平さんは「援助金の支給が夏ごろのため制服などの購入に間に合わない。支給前倒しや保護者が費用を積み立てられるよう、学校が経費をホームページに公開するなどの配慮が必要」と指摘する。

 大平さんは現在、範囲を道内他市に加え東北や九州などに広げ、役所や地元の議員らに連絡を取りながら調査を進めている。当初情報公開を拒んでいた自治体もあったが、学校説明会の配布資料が公文書であると訴えて情報公開請求を行い、当初の判断を覆し費用に関する資料を入手できたこともあったという。

 11月末には公平取引委員会が公立中学校の制服代の見直しを求めるなど、制服問題は全国的にも関心を集めた。大平さんは地域課題の解決について「数字をベースにした議論が足りない」とし、「地域の問題を『見える化』するために調査を役立て、活動を点から面に広げたい」と意気込んでいる。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク