全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県諏訪市の宿泊施設 感染予防策の点検開始

宿泊施設の感染予防対策を確認する女性看護師=諏訪市湖岸通りのホテル紅や

 諏訪赤十字病院(諏訪市)の感染管理認定看護師が宿泊施設の感染予防対策に対して助言をする諏訪市の宿泊施設安全安心監修事業は9日、施設内の点検と聞き取り調査を始め、各施設で対策が徹底されていることを確認した。一方、宿泊客の体調不良に対する判断や対応が難しくなっているとして、戸惑う業界関係者の声も聞かれた。

 安全安心な宿泊施設を構築してアピールする緊急経済対策の一環。事業を市から受託する諏訪湖温泉旅館組合によると、施設内の点検と聞き取りは、市内59施設を4地区に分けて希望を募り順次行っていく計画で、当面は15日までに旅館やホテルなど9施設で実施する予定という。

 初日は上諏訪温泉の4施設を訪問し、市保健センターの看護師2人が約30項目に及ぶ感染予防対策の実施状況を点検した。同組合によると、施設の大小に関わらずフロントや食事会場、脱衣所での対人距離の確保、館内各所への消毒液設置などが徹底されていた。看護師からは現場スタッフの意識や取り組み状況を尋ねる質問があったという。

 同市湖岸通りのホテル紅やでは、チェックインの際のマスク着用や消毒、対人距離の確保を徹底していた。清水孝弘副支配人は「入り口で防ぐ取り組みを充実しています」と話した。点検や聞き取りの結果は認定看護師に報告し、安心安全が認められた施設には「宿泊施設安全安心達成カード」が交付される。

 同市では来年1月5日から県民の宿泊料金を1泊当たり2000円割り引く「おいでなして!すわ泊御宿割」が始まる。市観光課の伊藤道生課長は「安全対策を万全にして観光客をお迎えしたい。市全体の宿泊施設のレベルアップにつながれば」と期待した。

 上諏訪温泉のホテルや旅館では、5月の休業要請や「GoToトラベル」による需要回復、その後の感染拡大を経験し、必要な感染予防対策が「見えてきた」という。新型コロナへの感染が疑われる宿泊者への対応に不安を抱える施設が多く、課題も浮き彫りになってきたという。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク