全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荒天影響 食料品など供給再開 貨物船、長期欠航が解消

 荒天が影響し11月末から欠航が相次いでいた那覇―石垣行の貨物船が8日までに石垣港に入港し、船便による食料品などの供給が再開した。大型スーパーによると8日時点で品ぞろえは回復傾向。ただ、船会社によっては9日欠航の予定もあり、天候に左右される状況が続きそうだ。

 サンエー石垣シティ(真榮城学店長)によると、再入港までに5日分の滞留貨物が発生。7、8日の入港で品ぞろえは回復したが、貨物の全てが届いたわけではない。9日着の貨物船も欠航が決まっており、同店は「今週、品ぞろえが完璧に戻るのは難しい」と話す。

 市内書店では、11月24日入荷分から欠航となっていたが8日、1週間分の商品が届いた。担当者は「1週間届かなかったが、今は解消している。整理に忙殺されているが、あす以降も問題はない」と話した。

 今後、那覇―石垣の貨物船寄港状況は琉球海運㈱が9日の石垣港寄港を予定。南西海運㈱は9日の欠航が決定、10日以降は通常通り運航予定。石垣―与那国間の貨物を輸送する「フェリーよなくに」も8日から運航を再開した。

 一方、石垣島近海の荒天が影響し、漁業者の多くが11月末から漁に出られない状況。八重山漁協によると、8~9割の船が漁を断念している。土曜日以外開かれるセリも漁獲量が少なく1分程度で終了することもあったという。同漁協の担当者は「きょうからマグロ船は数隻出ているが、小さな船で出るアカマチなどマチ類の漁はまだ厳しい」と傾向を述べた。

関連記事

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

宇部日報社

コミュニティ・ミートアップ 〝Aスクエアを面白く〟3分野の実現へ【山陽小野..

 「さんようおのだコミュニティ・ミートアップ」が21日、中央2丁目の複合施設「Aスクエア」で開かれた。34人が参加して同施設を盛り上げ、魅力ある場所にする取り組みについて考え、「サッカーJ2レ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク