全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

万倉地区で岩戸神楽舞の復活祭

「姫の舞」を披露する演者(万倉ふれあいセンターで)

 宇部市万倉地区に約270年前から伝わる岩戸神楽舞の復活祭が5日、万倉ふれあいセンターを主会場にオンラインでも行われた。10種13座で構成される舞がすべて奉納されるのは30年ぶりで、地元住民や劇団「ミュージカル山陽ありすの家」のメンバーらが披露した。    地元住民に一家相伝の技として代々継承されてきた舞。1958年には県指定無形民俗文化財に指定されたが、担い手不足などで、2008年を最後に奉納が途絶えていた。古里の文化財を次世代につないでいこうと、18年に住民有志が復興委員会(矢原久登会長)を結成し、3年計画で復活に取り組んできた。    奉納の模様は動画投稿サイト「ユーチューブ」などで生配信されたほか、サテライト会場の楠総合センターでも上映され、万倉ふれあいセンターには事前に申し込んだ80人が訪れた。    開会式で矢原会長は「文化の復活にとどまらず、岩戸神楽舞を万倉地区の活性化の核として顕彰したい。メンバー一同、心を込めて奉納する」とあいさつ。来賓の篠﨑圭二市長が祝辞を述べた。    奉納は1~3番神楽、榊、鉾(ほこ)などの採り物を手にした舞と続いた。岩戸開きの神話にちなんだ「岩戸の舞」「姫の舞」「鬼の舞」では、天照大神が隠れた天岩戸(あまのいわと)前で天宇受女(アマノウズメ)がユニークな踊りを披露。手力男命(タヂカラノミコト)が岩戸を取り除いた。来場者は天宇受女の舞と、手力男命の迫力ある動きに感嘆し、神話の世界に酔いしれた。    復活祭に先立ち、万倉小の児童が岩戸神楽舞の歴史を紹介した。

関連記事

100年前に思いはせる 賢治ウオークに20人 苫小牧

詩人、童話作家宮沢賢治の来苫から21日で丸100年を迎えるのを前に18日、賢治が苫小牧で歩いた道をたどる「百年目の賢治ウオーク」が行われた。市民ら20人が参加。初夏の日差しが降り注ぐ中、当時の情景...

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク