全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広信金の商店街支援4店目 芽室「あ~ちゃん食堂」開店

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)の助成金「おびしん街のあかり」を活用した「あ~ちゃん食堂」(芽室町東1ノ4、塚本亜香代表)が開店した。同信金が町商店街への新規出店に対し資金の一部を助成する制度で、2019年8月に始まった。同店で4店舗目となり目標助成額に達した。

家庭の味を提供する「あ~ちゃん食堂」の塚本さん

 「おびしん街のあかり」は、同信金が日本財団「わがまち基金」の交付金で取り組む地域創生支援計画の一環。同助成金を利用してこれまで町内で飲食店が開店している。

 10月に開店した「あ~ちゃん食堂」は、働く男性を中心に人気を集めている。ボリューム満点のメニューは、曜日ごとの日替わり(900円)、ザンギ定食(月曜)やチキン定食(水曜)などどれも“塚本家の味”で、持ち帰りも可能。塚本さんは「特にハンバーグ(火曜)は母のこだわりが詰まっている」と話す。500円でおかずだけの持ち帰りもできる。

 芽室出身の塚本さんは今年の春まで約20年間、帯広のスナックで勤務。「これからは料理好きな母と地元で何かやってみたい」と、10月に開店した。開店から1カ月以上がたち、塚本さんは「店を始めて、改めて接客業が好きだなと思った。『ただいま』『おなか減った』と言って来てくれる“家”のような店にしたい」と話した。

 営業時間は午前10時半~午後2時半。定休日は日曜と祝日。弁当の事前予約もできる。塚本さんは「わが家の味をぜひ食べて」と話している。問い合わせは同店(0155・67・7869)へ。

関連記事

荘内日報社

学校創立120周年 庄農伝統の味リメーク! 乳酸飲料「ニューピス」 女生徒2人..

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長、生徒149人)の女子生徒が、58年前から同校で作り続けている乳酸飲料「ニューピス」をリメークした。今月29日に行われる学校創立120周年の記念式典で「庄農伝統の乳酸飲料...

老舗豚丼店「ぱんちょう」復活 帯広駅前に26日

 帯広の老舗豚丼店「ぱんちょう」が26日、約1年2カ月ぶりに創業の地(西1南11)で営業を再開する。築50年が経過していた店舗の建て替えのため、仮店舗で営業を続けていた。新店舗は以前の雰囲気を...

長野日報社

信州そば店 スマホでチェックイン 振興会が食事券など当たるイベント 長野..

伊那市のソバ生産者とそば店などでつくる「伊那そば振興会」は、市内にある16のそば店を巡り、アンケートやクイズに答えると食事券や割引券が抽選で当たる「そば屋にスマホdeチェックインラリー」を23...

紀伊民報社

ジビエの生ソーセージが好評 1年余で1万9千本販売

 和歌山県古座川町月野瀬にある食肉処理加工施設「古座川ジビエ 山の光工房」が製造販売している、シカとイノシシの肉を使った生ソーセージの売れ行きが好調だ。マイスターというドイツの国家資格を持つ森田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク