全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

天高く上るのろしの煙 長野県諏訪地方7カ所と山梨県北杜市1カ所で

天高く上るのろしの煙=諏訪市中洲の武居城跡片山展望台

 諏訪、上伊那、下伊那の住民でつくる「武田信玄狼煙会」諏訪支部(秋山大一支部代表)は22日、諏訪地域でのろし上げを行った。コロナ禍の影響で例年実施するすべての場所からののろし上げが難しいため、今年はリレーではなく、一斉に上げた。天候にも恵まれ、山の中腹から上がる煙が確認できた。

 のろしを上げたのは諏訪地方の7カ所と山梨県北杜市の1カ所。このうち、諏訪市中洲の武居城跡片山展望台では同城跡の環境整備に取り組む保存会のメンバーら約20人が金属製のトタン板を丸めて高さ約2メートルのかまどを作り、中に地元の守屋山の間伐作業で出た木材やヒノキの葉を入れて燃やした。準備時に吹いていた風も徐々にやみ、煙はほぼ垂直に天高く上がった。参加者たちは「今年はうまく上がったなあ」「最高だあ」。などと笑い合っていた。

 のろし上げを知り、安曇野市からほら貝を吹くために駆け付けた女性もいた。同時に上げた桑原城跡や上原城跡からの煙もはっきりと確認。下諏訪町の桜ケ城跡も見え、会場を沸かせていた。

 保存会の小林利行会長は「うまく上がって良かった。のろし上げには以前から協力しているが、何度やっても楽しいね」と話した。

 のろしリレーは、8月29日に下伊那郡から上伊那郡を経て岡谷市湊の花岡公園までつないだ。秋山支部代表は「今後も市町村間の連携を深め、来年はぜひとも一斉リレーを成功させたい」と話した。同会は信玄生誕500年に当たる来年、愛知県境にある根羽村の杣路峠から信玄が本拠地を置いた甲府市までつなぐのろしのリレーを計画している。

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク