全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

偉大な中村医師をしのぶ会

一緒に活動した看護師の藤田さん講演

 昨年12月にアフガニスタンでの活動中に銃撃されて死亡した「ペシャワール会」の現地代表、中村哲医師をしのぶ会が22日、豊橋市南牛川2の私立桜丘高校であった。現地で19年間、中村さんを支えてきた看護師の藤田千代子さん(61)が講演し「『目の前で困っている人を助ける』という方針で続けてきた中村先生の活動を続けていきます」と語った。

 中村医師は1980年代にパキスタン、アフガニスタンを訪れて難民の診療のほか、農業、かんがい、食糧支援を続けた。昨年12月4日、アフガニスタンで武装勢力に襲われ死亡した。享年73。豊橋では2001年に「ペシャワール会豊橋」ができ、翌年には平和教育を実践する同校を訪れて講演した。

 藤田さんは1990年から2009年まで現地活動した。講演では中村医師との活動を紹介。当初は国境に位置する山岳地帯で訪問医療が中心だった。しかし干ばつに苦しむアフガニスタンでは中村医師が中心となって水路の整備に着手し、重機を操縦するなどした。「医療スタッフなのに重機を手配をして、まるで建設会社の職員みたいだった」と振り返った。

 水路の整備は飢餓に苦しむ子どもたちに食料を届けるためでもある。「食糧支援だけでは現地の人のためにならない。自給自足ができるようにしないといけないため、工事を進めた。現地の人たちも積極的に協力してくれた」と説明した。

 ペシャワール会は活動の継続が決まった。藤田さんは現在、福岡市で事務局担当を務める。「今困っている人を助けたい」と語った。

 運営スタッフとして参加した桜丘生徒会の熊谷彰大さん(3年)は「中村医師が生きた証しを私たち若い世代が語り継ぎます」とあいさつした。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク