全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

偉大な中村医師をしのぶ会

一緒に活動した看護師の藤田さん講演

 昨年12月にアフガニスタンでの活動中に銃撃されて死亡した「ペシャワール会」の現地代表、中村哲医師をしのぶ会が22日、豊橋市南牛川2の私立桜丘高校であった。現地で19年間、中村さんを支えてきた看護師の藤田千代子さん(61)が講演し「『目の前で困っている人を助ける』という方針で続けてきた中村先生の活動を続けていきます」と語った。

 中村医師は1980年代にパキスタン、アフガニスタンを訪れて難民の診療のほか、農業、かんがい、食糧支援を続けた。昨年12月4日、アフガニスタンで武装勢力に襲われ死亡した。享年73。豊橋では2001年に「ペシャワール会豊橋」ができ、翌年には平和教育を実践する同校を訪れて講演した。

 藤田さんは1990年から2009年まで現地活動した。講演では中村医師との活動を紹介。当初は国境に位置する山岳地帯で訪問医療が中心だった。しかし干ばつに苦しむアフガニスタンでは中村医師が中心となって水路の整備に着手し、重機を操縦するなどした。「医療スタッフなのに重機を手配をして、まるで建設会社の職員みたいだった」と振り返った。

 水路の整備は飢餓に苦しむ子どもたちに食料を届けるためでもある。「食糧支援だけでは現地の人のためにならない。自給自足ができるようにしないといけないため、工事を進めた。現地の人たちも積極的に協力してくれた」と説明した。

 ペシャワール会は活動の継続が決まった。藤田さんは現在、福岡市で事務局担当を務める。「今困っている人を助けたい」と語った。

 運営スタッフとして参加した桜丘生徒会の熊谷彰大さん(3年)は「中村医師が生きた証しを私たち若い世代が語り継ぎます」とあいさつした。

関連記事

紀伊民報社

「和歌山」が読者投票で選出 世界的ガイドブックで

 世界的ガイドブック「ロンリープラネット」が最も旬な旅行先を紹介する「Best in Travel(ベスト イン トラベル) 2021」の「読者が選ぶサスティナビリティー(持続可能性)に配慮した...

士幌町 要した時間は1人30分弱 集団接種想定し訓練

 士幌町は24日、4月以降に想定される65歳以上を対象にした新型コロナワクチンの集団接種に向けて、会場となる町民保健センターでシミュレーション(模擬訓練)を実施した。1人当たりの接種に要する時...

宇部日報社

キッチンカー事業者が団結、出店先など開拓へ

 新型コロナウイルスの影響でイベントなどが中止となり、出店機会の減少したキッチンカー事業者が「山口グルメケータリング協同組合」(田中太一理事長、10社)を設立し、24日に県庁で初の共同出店を行っ...

しまゆみた狂言に笑顔 小学生8人、「附子」上演  喜界町上嘉鉄

 地元の小学生がしまゆみた(方言)で狂言を演じる「わらび・はてぃとぅ(上嘉鉄)ゆみた狂言」発表会が21日、鹿児島県喜界町上嘉鉄のあゆみ幼稚園体育館であった。喜界島言語文化協会(生島常範会長)と、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク