全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒマワリに願い 帯広署で採取した種 市民に無料配布

署員が参加して行われたヒマワリの種の採取作業

 ヒマワリの花に交通安全への思いを込める、全国の警察で広がる「ひまわりの絆プロジェクト」で、帯広署で種の採取が行われ、市民にも無料で配布されている。種は同署で募金箱とともに設置され、募金は犯罪被害者支援に利用される。

 同プロジェクトは京都府内で交通事故で亡くなった男児が育てていたヒマワリの種を警察官が譲り受けて育て、全国の警察署で植栽されている取り組み。管内でも5警察署(帯広、池田、本別、新得、広尾)で行われている。

 帯広署では昨年、プランターで育てたヒマワリから種を取り、今年はその種で同署前の植栽スペースに100本と帯広市内の幸福交通公園(旧国鉄幸福駅)で300本の苗や種が植えられ、8月から9月にかけて大輪の花を咲かせた。

 帯広署での収穫は10月中に行われ、乾燥作業を経た後、今月12日には帯広署の浅野慎哉交通1課長、吉尾英樹警務課相談係長兼被害者支援係長ら署員が参加し、約120本のヒマワリから種を採取し、配布用に20粒ずつ袋詰めにした。袋には署員が描いた、ばん馬や牛などのイラストがあしらわれている。

帯広署で配布しているヒマワリの種と犯罪被害者支援のための募金箱

 吉尾係長は「交通事故ゼロへ思いを込めて市民の皆さんにも種をまいてもらえればうれしい。募金は交通犯罪を含めた被害者支援に利用されるのでぜひご協力を」と話していた。

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク