全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒマワリに願い 帯広署で採取した種 市民に無料配布

署員が参加して行われたヒマワリの種の採取作業

 ヒマワリの花に交通安全への思いを込める、全国の警察で広がる「ひまわりの絆プロジェクト」で、帯広署で種の採取が行われ、市民にも無料で配布されている。種は同署で募金箱とともに設置され、募金は犯罪被害者支援に利用される。

 同プロジェクトは京都府内で交通事故で亡くなった男児が育てていたヒマワリの種を警察官が譲り受けて育て、全国の警察署で植栽されている取り組み。管内でも5警察署(帯広、池田、本別、新得、広尾)で行われている。

 帯広署では昨年、プランターで育てたヒマワリから種を取り、今年はその種で同署前の植栽スペースに100本と帯広市内の幸福交通公園(旧国鉄幸福駅)で300本の苗や種が植えられ、8月から9月にかけて大輪の花を咲かせた。

 帯広署での収穫は10月中に行われ、乾燥作業を経た後、今月12日には帯広署の浅野慎哉交通1課長、吉尾英樹警務課相談係長兼被害者支援係長ら署員が参加し、約120本のヒマワリから種を採取し、配布用に20粒ずつ袋詰めにした。袋には署員が描いた、ばん馬や牛などのイラストがあしらわれている。

帯広署で配布しているヒマワリの種と犯罪被害者支援のための募金箱

 吉尾係長は「交通事故ゼロへ思いを込めて市民の皆さんにも種をまいてもらえればうれしい。募金は交通犯罪を含めた被害者支援に利用されるのでぜひご協力を」と話していた。

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク