全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重農 「ぱち農弁当」発売 石垣空港、来年1月末まで

レシピを作成した「ぱち農弁当」をPRする八重山農林高校の生徒ら。19日から販売されている=21日午前、南ぬ島石垣空港

 八重山農林高校生がレシピを手掛けた「ぱち農弁当」が19日から南ぬ島石垣空港2階のCoralway石垣空港売店で販売されている。同企画は、生徒が育てた野菜や豚、鶏肉など島食材を活用し、加工・販売する6次産業化の一環。来年1月31日まで販売している。

 この取り組みは㈱JALJTAセールス(佐々木政茂社長)が同校に企画を提案したことで実現。同社は企画と販売、高校生はレシピを作成、市内製造業の石垣島ALLFOODS,DELIティダパナが開発指導と製造を担当し、「石垣島お弁当プロジェクト」として3者がコラボした。

 生徒10人は実行委員会を立ち上げ、7月からレシピ作りの取り組みがスタート。弁当完成までにレシピを7~8案出すなど試行錯誤を繰り返し、子どもから高齢者まで幅広い年齢層をターゲットに万人受けする弁当を開発した。

 販売した弁当の品書きは▽八重山農産地鶏のジューシー▽棒棒鶏の自家製ジーマーミだれ▽三元豚のラフテー月桃の葉包み▽島菜の梅肉和え 特性三倍酢とカツオの風味―など6点。コンセプトは「石垣島最後の思い出になる商品」。価格は600円(税込み)。

 この日の販売は午前9時20分ごろスタート。生徒6人が店頭周辺で商品をPRした。千葉県から来島した20代男性は販売開始から間もなく弁当を購入、「八重山文化や島が好きなので食べてみたいと思った。おいしく頂きたい」と話した。弁当30個は午前中に完売した。

 実行委員会のリーダーを務めたフードプロデュース科の玉那覇誠篤君(3年)は「素人が作ったので完成するまで不安はあったが、買って頂いてうれしい」と喜び、「2、3回食べても飽きない弁当。販売期間は長いので何度でも食べてほしい」とPRする。

 開発指導と製造を担当したティダパナによると、高校生が作成したレシピの修正点は味の濃さなどで、大きな変更はなかった。同店のゼネラルマネージャー、服部大勇さん(39)は「クオリティーの高い物ができた」と太鼓判を押す。販売期間終了後、自身の店舗での販売も検討しているようで「地元食材を使っているのはメリット。1個800円でも売れるだろう」とプロ目線で評価した。

「ぱち農弁当」

関連記事

苫小牧 三星 カナダ産ハスカップ初輸入 道産品年々減少安定供給へ

苫小牧市糸井のパン菓子製造・三星は、良質なハスカップを安定して確保しようと、カナダ産を初めて輸入した。果実不足で販売を休止した商品の復刻や、新商品の開発に活用する方針で、「よいとまけ」などの看板商...

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク