全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

八重農 「ぱち農弁当」発売 石垣空港、来年1月末まで

レシピを作成した「ぱち農弁当」をPRする八重山農林高校の生徒ら。19日から販売されている=21日午前、南ぬ島石垣空港

 八重山農林高校生がレシピを手掛けた「ぱち農弁当」が19日から南ぬ島石垣空港2階のCoralway石垣空港売店で販売されている。同企画は、生徒が育てた野菜や豚、鶏肉など島食材を活用し、加工・販売する6次産業化の一環。来年1月31日まで販売している。

 この取り組みは㈱JALJTAセールス(佐々木政茂社長)が同校に企画を提案したことで実現。同社は企画と販売、高校生はレシピを作成、市内製造業の石垣島ALLFOODS,DELIティダパナが開発指導と製造を担当し、「石垣島お弁当プロジェクト」として3者がコラボした。

 生徒10人は実行委員会を立ち上げ、7月からレシピ作りの取り組みがスタート。弁当完成までにレシピを7~8案出すなど試行錯誤を繰り返し、子どもから高齢者まで幅広い年齢層をターゲットに万人受けする弁当を開発した。

 販売した弁当の品書きは▽八重山農産地鶏のジューシー▽棒棒鶏の自家製ジーマーミだれ▽三元豚のラフテー月桃の葉包み▽島菜の梅肉和え 特性三倍酢とカツオの風味―など6点。コンセプトは「石垣島最後の思い出になる商品」。価格は600円(税込み)。

 この日の販売は午前9時20分ごろスタート。生徒6人が店頭周辺で商品をPRした。千葉県から来島した20代男性は販売開始から間もなく弁当を購入、「八重山文化や島が好きなので食べてみたいと思った。おいしく頂きたい」と話した。弁当30個は午前中に完売した。

 実行委員会のリーダーを務めたフードプロデュース科の玉那覇誠篤君(3年)は「素人が作ったので完成するまで不安はあったが、買って頂いてうれしい」と喜び、「2、3回食べても飽きない弁当。販売期間は長いので何度でも食べてほしい」とPRする。

 開発指導と製造を担当したティダパナによると、高校生が作成したレシピの修正点は味の濃さなどで、大きな変更はなかった。同店のゼネラルマネージャー、服部大勇さん(39)は「クオリティーの高い物ができた」と太鼓判を押す。販売期間終了後、自身の店舗での販売も検討しているようで「地元食材を使っているのはメリット。1個800円でも売れるだろう」とプロ目線で評価した。

「ぱち農弁当」

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク