全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

3連休スタート コロナで気をもむ観光地

観光客が行き交う三段壁展望台(21日、和歌山県白浜町で)

 全国的に新型コロナウイルス感染者が増加する中、3連休(21~23日)に入った。紀南の観光地では、この3日間は予約で満室という宿泊施設が多いが、今後への影響に気をもむ声も少なくない。

 前日から一転して好天となった21日午前、和歌山県白浜町の白浜温泉街では、白良浜や千畳敷、三段壁で観光客の姿が見られた。駐車場では県外ナンバーの車が目立った。
 白浜町の白浜温泉旅館協同組合(加盟24施設)の施設は、この3連休はほぼ満室の状態。那智勝浦町の南紀勝浦温泉旅館組合(加盟10施設)の施設も、予約で埋まっているという。
 政府の観光支援事業「Go Toトラベル」の効果もあって宿泊者数が回復傾向にある中、不安要素は『第3波』とも評される新型コロナの拡大だ。
 白浜町のある宿泊施設の幹部は「すぐに落ち着くのか、まだ始まったばかりなのかというのが読めない」と不透明な先行きを嘆く。
 年末年始を控える中、政府や自治体、旅行を計画する人たちそれぞれの警戒レベルが上がれば、その分だけ新規予約の鈍化やキャンセルが生じかねないとみる。「受け入れる側としては、できる限りの感染対策を徹底するしかない」と気を引き締めていた。
 田辺市本宮町の熊野本宮観光協会によると、本宮町内の宿泊者数も戻ってきている。施設によっては、11、12月の予約が昨年より多いところもあるが、担当者は「感染拡大の傾向で『まだまだ不安』という声もある。あらためて感染予防に努めながら受け入れてほしいと呼び掛けていきたい」と話す。

関連記事

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

「氷の世界」観光資源に SNSで掘り起こし 十勝観光連盟

 十勝の冬の観光資源を掘り起こそうと、十勝観光連盟(十観連、梶原雅仁会長)は「クリスタルランドTOKACHIhttps://tokachibarejp/14075/」プロジェクトを立ち上げた。昨年12月から「氷」にまつわ...

「美と健康」の旅PR

愛知県図書館で「メザメ奥三河展」  奥三河観光協議会は、名古屋市中区の県図書館で「okumikawAwake/メザメ奥三河展」を開いている。新城市の奥三河蒸留所で製造されるハッカエッセン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク