全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

化石燃料使わない 「誰もが楽しめるツアー」 ダウン症や弱視の人も参加

鍾乳洞のゴールで笑顔を見せる参加者の玉木あかねさん(中央)=20日午前、平野洞

 18日から3日間の日程で開催された「化石燃料を使わないサスティナブルモニターツアー」(石垣島アウトフィッターユニオン主催)が20日、閉幕した。同ツアーには、ダウン症や弱視がある人を含むモニター9人が参加。化石燃料を使う自動車などの移動手段をほとんど使わずに、参加者全員が北部半島約30㌔のコースをアクティビティを楽しみながら終えた。

 同ツアーでは、米原と野底の間にある浦底湾海岸をスタートして、海はカヌーやサバニ、陸は与那国馬などを利用し、トレッキングや鍾乳洞探検などのアクティビティを体験しながら約30㌔先のゴール地点である北部地域の最先端、平野を目指した。

 ツアープログラムには、石垣島に自生するアダン葉を使った「草履づくり」も組み込まれた。同ユニオンは「自然素材でできたアダン葉草履を履いて歩くことで、普段、石油製品でできた靴をすり減らしてマイクロプラスチックを出していることを参加者に感じてほしい」と話した。

 3日間のプログラムを終えて、岡山から参加した弱視のある大橋恵理さん(32)は「同じ行程を(健常者と)一緒に体験できたことで自信につながったし、楽しんでできた。3日間ハードだったけど、すごく達成感を感じている」と喜んだ。

 ダウン症のある娘の玉木あかねさんとともに参加した母・みのぶさん=真栄里=は「キャンプは初めての体験で、生活面でいつもと違って大丈夫か心配だった。スタッフ含め、いろんな人たちに助けてもらいながらたくさんの体験ができてありがたい。他の同じような子たちにも同じように楽しんでもらえるようになればうれしい」と語った。

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク