全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

特別史跡の尖石遺跡 隣接区域を追加指定へ

特別史跡に追加指定するよう答申された尖石遺跡南側(写真下部)を含む尖石石器時代遺跡の一帯=茅野市教育委員会提供

国の文化審議会は20日、縄文時代中期の集落跡が見つかっている国特別史跡「尖石石器時代遺跡」(茅野市豊平)について、東側と南側に隣接する2区域計1万7347平方メートルを追加指定するよう萩生田光一文部科学大臣に答申した。拡大範囲の谷地形部からは複数箇所で湧水が確認されており、縄文集落の生活領域として重要な役割を果たしていた可能性があり、保存価値が認められた。

同遺跡は尖石、与助尾根、与助尾根南の3遺跡から成り、追加指定されるのは尖石遺跡南側の谷地形部7950平方メートル(民有地と市有地)と、与助尾根遺跡東側及び与助尾根、尖石両遺跡を画す谷の上部9397平方メートル(市有地)の2区域。

市教育委員会によると、八ケ岳西麓の 縄文中期の集落遺跡としては最も標高の高い地域。 考古学研究者の宮坂英弌氏が調査していた昭和初期から水場として注目されており、「保護したいと長年考えていた場所だった」という。

現時点で水場としての使用痕跡は見つかっていないが、近くの台地上につくられた集落との位置関係からみても飲料水を確保したり、食料を加工したりと、「水場として使った可能性が高い」としている。

尖石石器時代遺跡は1952(昭和27)年に特別史跡指定され、史跡範囲の追加指定は93(平成5)年以来になる。追加指定されると、史跡面積は8万4280平方メートルとなる。市教委は同遺跡の保存管理計画を2016年3月に策定。計画に基づく第2期整備基本計画(21~30年度)、その後の第3期と続く見通しで、追加指定範囲内の保存や整備を視野に入れている。

市教委文化財課の小池岳史係長は「縄文集落研究の原点にふさわしい遺跡として保存したい」と話している。

◆尖石石器時代遺跡◆

標高約1070メートルの八ケ岳西麓にある縄文時代中期の集落跡。茅野市出身の考古学研究者、宮坂英弌氏(1887~1975年)が、1930(昭和5)年に始めた発掘調査により国内で最初に縄文集落の構造が明らかにされ、「縄文集落研究の原点」になった遺跡。その後の調査を含めて200軒を超える縄文時代中期の竪穴住居跡が発見されている。

関連記事

長野日報社

外国出身住民も「備え」 多文化共生の防災講座 長野県と駒ケ根市

 県と駒ケ根市は5日、大規模災害時に地元住民も外国出身住民も的確に行動できるよう備える「多文化共生のための防災講座」を市役所で開いた。外国出身住民18人を含む40人が参加。同市周辺の災害に関わる講...

荘内日報社

あとは雪待つばかり コロナ対策も万全に 湯殿山スキー場 オープン前に安全祈願

 オープンに先駆けて鶴岡市田麦俣の湯殿山スキー場で5日、安全祈願祭が行われた。今年は今のところ暖冬傾向にあり、参加者は無事にオープン日を迎えられることを願い、今シーズンの無事故を祈願した。  こ...

紀伊民報社

地域のPRキャラクター 中学校の生徒が制作

 近野地域の良さを多くの人に知ってもらおうと、和歌山県田辺市中辺路町近露にある近野中学校の全校生徒10人が、地域をPRするキャラクター「かっぱのヨモギー」「神水君」「がんちゃん」の3体を作った。...

宇部日報社

村野藤吾の建築、ライトアップ

 光の街UBE2020の一環として、宇部市のヒストリア宇部でライトアップが行われている。建築から80年以上を経た厳粛なたたずまいを照らし、夜の中心街を彩っている。時間は午後6~10時。来年1月3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク